顔汗でニキビが悪化する前に顔汗を止める!30代からの顔汗対策

何をやっても止まらない、顔汗の意外な原因

子どもの頃からひどい汗っかきで、暑くも無いのにダラダラと顔から汗を流していました。
汗っかきのせいか、10代になるとおでこやフェイスラインのニキビに悩まされたものです。

なんでも、汗を排出するエクリン汗腺は130~600個と個人差が大きいのだとか。
汗腺の数はおよそ3歳までに決定し、暑い場所で育った子どもほど汗腺の数が多いんだそう。

しかし、汗腺の数が多いからといって必ずしも汗をたくさんかくワケではないみたい。
発汗量をコントロールしているのは自律神経になります。
自律神経は血管の収縮や体温の上昇、心拍数など、人間の意志ではコントロールできない身体の機能を調整しているのだとか。
緊張するとか~っと頭に血が上って顔汗をダラダラかいてしまう経験のある人も多いのではないでしょうか。

また女性の場合、更年期に伴って顔汗が異常に増えたという人も多いかもしれません。

IMG_kaoase02

それぞれ全く異なる悩みのようですが、実はどちらも原因は自律神経。
自律神経は交感神経と副交感神経の2種類の神経から成っています。

運動時や仕事中などストレスのかかる状況になると優位になるのが交感神経。
休憩時や睡眠時などリラックスした状況で優位になるのが副交感神経です。
そして、交感神経が優位の状態になると発汗量が増えるのだとか。

本来であれば、交感神経と副交感神経は交互に働くことでバランスが保たれた状態となっています。
しかしストレスの多い現代人は交感神経優位の状態に傾きがちなんだそう。
また、自律神経と女性ホルモンはどちらも脳の視床下部と呼ばれる場所でコントロールされています。

そのため自律神経と女性ホルモンのどちらかが乱れると、お互いに影響を受けてしまうのだそうです。
生理前にイライラが止まらなかったり、ストレスで生理周期が乱れたことのある女性も多いのではないでしょうか。
そして、更年期のホットフラッシュや顔汗も、女性ホルモンの乱れの影響を自律神経が受けるためなんだそうです。

 

気を付けたい!顔汗を助長するこんな習慣

「ブラジャーをきつく締める」「首の後ろを冷やす」など、様々な顔汗対策があります。
でも、「ホントに効果あるのかな?」というのが正直なところではないでしょうか。
また、更年期のホットフラッシュは「ホルモンバランスの乱れだからどうしようもない」と諦めている人も多いかもしれません。
しかし、日常生活の何気ない習慣を見直すだけでも、顔汗を抑えることにつながる可能性もあります。

睡眠前のスマホ、パソコンをやめる

IMG_kaoase03

スマホやパソコンから放出されるブルーライトには強い覚醒作用があります。
就寝1時間前のメールチェックは、なんとエスプレッソコーヒー2杯分に匹敵する覚醒作用があるそうです。

本来、副交感神経が優位に傾く睡眠前に、スマホやパソコンをチェックすることで、交感神経が高まってしまいます。
脳の興奮状態が睡眠中も維持されることで、睡眠の質が低下し自律神経が乱れてしまうのだとか。
寝る1時間前にはスマホやパソコンの電源はオフにして、ゆったりと過ごすことが大切です。

生理前のカフェイン摂取をやめる

IMG_kaoase04

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには交感神経を高める働きがあります。
確かに、コーヒーを飲むと眠気が覚めて、身体がシャキッと仕事にも集中できるような気がします。
しかし、生理前のカフェイン摂取は逆効果なんだとか。

自律神経が乱れてイライラやクヨクヨなど情緒不安定に加速がかかるそうです。
さらに、月経前症候群(PMS)や生理痛の悪化にもつながるとのこと。
生理前はカフェインレスコーヒーやノンカフェインのお茶を飲むようにすると良いかもしれません。

クーラー依存症をやめる

IMG_kaoase05

本来、人間の身体には背中や胸などに広く汗腺が分布しているのだそうです。
しかし、夏でも冷房のきいた部屋でばかり過ごしていると、汗腺が衰えてしまうのだとか。
行き場を無くした汗は、機能している汗腺に集中して分泌されてしまいます。
その結果、顔や手のひらなど特定の部位に大量の汗をかくことになってしまうんだそうです。

顔汗がダラダラ流れていると、ついついエアコンの設定温度を低くしてしまいがち。
だけど、しっかりと汗をかくことが、実は顔汗の軽減にもつながるんですね。
同様に、暑いからといってシャワーだけで済まさずに、湯船にゆっくり浸かって汗を流すことも大切なんだとか。

身体を冷やす生活をやめる

IMG_kaoase06

顔汗で火照りがちだと、つい薄着になったり、冷たい食べ物、飲み物ばかりを選んでしまいがち。
人間の身体は冷えると省エネモードになり、生命維持活動に関係の無い機能を停止してしまいます。
その結果、生殖機能が衰えてしまい女性ホルモンのバランスが乱れてしまうのだとか。

女性ホルモンと自律神経は同じ脳の視床下部でコントロールされているため、お互いに影響を受けます。
ホルモンバランスが乱れることで、結果として顔汗や冷えのぼせを助長してしまうことになってしまうそうです。

また、内臓を冷やすことで消化活動が停滞して夏バテを引き起こす原因にもなってしまいます。
昔から、「暑い夏こそ熱いお茶を飲むと良い」と言われていますが、ちゃんと根拠があったんですね。

 

ホルモンバランスサプリはNG!顔汗に最適な成分とは?

IMG_kaoase07

更年期のホットフラッシュや顔汗に悩んでいると、気になるのが「女性ホルモンバランスの乱れ」。
病院へ行くほど深刻で無ければ、サプリやOTC医薬品で対処している人も多いかもしれません。
しかし、自己判断でホルモンバランスサプリを飲むのは要注意。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類が存在します。
エストロゲンが多すぎても少なすぎてもいけませんし、プロゲステロンも同じです。
ところが、エストロゲンとプロゲステロンのどちらが不足しているかなんて、自分では分かりませんよね。

例えば、大豆イソフラボンやプエラリアミリフィカなどはエストロゲンと同様の作用があることで有名です。
エストロゲンが不足している場合に補うのであれば問題はありません。
しかし、エストロゲンが足りているのにさらにエストロゲン様作用を持つ成分を大量に補うと、エストロゲン過多になってしまいます。
ホルモンバランスの乱れが解消するどころか、悪化してしまいかねません。

更年期に限らず、顔汗の悩みには自律神経を整える働きのある成分がおすすめです。
自律神経を整える働きを持った成分では、高麗人参に含まれるジンセノサイドやローヤルゼリーのデセン酸などが有名。
また、亜鉛や鉄分は脳神経伝達物質を合成する成分でもあり、自律神経の安定にも欠かせない成分なんだとか。
これらの成分は、顔汗の悩みだけでなく生理前や更年期のイライラや落ち込んだ気分にも効果的です。

 

それでもダメなら顔汗対策専用グッズ

IMG_kaoase08

「すっごい汗かいてるけど大丈夫?」
なんて言われると、焦ってますますダラダラ汗が止まらなくなってしまいます。
顔汗のせいで化粧はドロドロ、お肌もテカテカで化粧直しも追いつきません。

身体の中から顔汗をケアすることが大切。
分かっていても、知りたいのは今スグ顔汗を何とかする方法ですよね。

皮脂崩れ防止下地やウォータープルーフファンデーションなどもありますが、顔汗にはあまりおすすめしません。
汗と皮脂では分泌量が異なりますし、ウォータープルーフファンデでは吹き出す汗を止めることができないからです。
何よりも、汗をぬぐう際に一緒に拭き取られてしまい徐々に効果が薄れてしまいます。

おすすめなのはフェノールスルホン酸亜鉛やクロルヒドロキシアルミニウムを配合した制汗剤。
これらの成分には汗の出口を塞いで、汗そのものを抑制する働きがあります。
市販の制汗剤だけでなく、多汗症専用の制汗剤にも使用されており、高い制汗効果が期待できる成分です。
しかし「身体に使用する成分を顔に使っても大丈夫なの?」という心配もあります。

IMG_kaoase09

フェノールスルホン酸亜鉛やクロルヒドロキシアルミニウム自体は、お肌への刺激が少なく、顔に使用しても問題無い成分。
だからといって、ワキ汗専用の制汗剤を顔に使用するのはNG。
ボディ用制汗剤は刺激が強く、またアルコール成分が多いため皮膚の乾燥やかゆみ、肌荒れなどの原因になってしまいます。
顔汗専用の制汗グッズなら、保湿成分も配合されているので安心。

とは言え、「汗を止めてしまっても大丈夫なの?」と心配になります。
フェノールスルホン酸亜鉛やクロルヒドロキシアルミニウムは汗を抑制する成分であって、汗を止めてしまう成分ではありません。
汗の量が減るだけであって、汗を止めているワケでは無いので大丈夫。

また、抑制された汗は身体の他の汗腺や尿から排出されるのだとか。
汗腺の機能そのものには影響が無いので安心して使用することができそうです。
顔汗は毎日の生活を見直すとともに、制汗グッズの力を借りて、長期的、短期的に対応することが理想的です。

 

実体験から選んだ顔汗の悩みを解消してくれる顔汗対策化粧品

IMG_kaoase11

サラフェプラスはフェノールスルホン酸亜鉛が配合された医薬部外品の制汗剤です。
顔はもちろん、背中や胸元など全身に幅広く使用することができます。
整肌成分としてナノセラミドやシャクヤクエキス、ビタミンC誘導体を配合。
お肌に優しいだけでなく、美肌作用も期待できる優れものです。
また、メイクの上から使用することができ、面倒な化粧直しの必要もありません。
お試しコースなら返金保証がついて、3,600円お得な5,480円で購入可能。
2回目以降もずっと5,480円で継続することができます。

初回価格 返金保証 定期縛り
8,480円(税抜)5,480円(税抜)【送料無料】 返金保証あり(25日間) 定期縛りなし(いつでも休止可能)

 

IMG_kaoase12

プレミアムデオヴィサージュはフェノールスルホン酸亜鉛を配合した顔汗専用の制汗剤。
ウォータープルーフタイプなので、1日1回、朝塗るだけで1日中顔汗の悩みを解消してくれます。
さらに抗炎症作用のあるシャクヤクエキスやお肌の代謝を促進するヨクイニンエキスを配合。
敏感肌でも安心して使用できる処方です。
定期便なら初回4,000円OFFの3,980円。
2回目以降は38%OFFの4,980円で継続可能です。

初回価格 返金保証 定期縛り
7,980円(税抜)3,980円(税抜)【送料無料】 返金保証なし 定期縛りあり(最低3回以上の継続)

 

IMG_kaoase13

ノエミュには医薬部外成分であるフェノールスルホン酸亜鉛が配合されています。
朝1回使用するだけで1日中顔汗を防いでくれる顔汗専用の制汗ジェル。
ヨクイニンエキスやシャクヤクエキスなどの整肌成分が配合されており、お肌に優しい処方なので安心。
敏感肌の人はもちろん、赤ちゃんからお年寄りまで使用できる優れもの。
4回継続の定期コースなら初回購入価格が980円とリーズナブルなのも大きな魅力です。

初回価格 返金保証 定期縛り
6,980円(税抜)980円(税抜)【送料無料】 返金保証なし 定期縛りあり(最低4回以上の継続)

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2016.10.15

フラクセル2ニキビ跡|シロノクリニックのフラクセルレーザー7回目

フラクセルレーザー治療@シロノクリニック第7回。 2クール目の2回目の施術になります。 前回施術から約1カ月後の施術です。 …

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る