近赤外線|ポーラ(POLA)の日焼け止めで近赤外線対策

紫外線よりもお肌へのダメージが大きい近赤外線とは?

最近では、紫外線はもちろん波長の長いロング紫外線(ロングUVA)までしっかりと防いでくれる日焼け止めが増えてきました。
「高性能の日焼け止めを使用しているから、光老化対策は万全♪」と思いきや、地上に降り注いでいるのは紫外線だけでは無いんです。
地上に降り注いでいる太陽エネルギーは紫外線だけだと勘違いしがちですが、実は紫外線は太陽熱エネルギーの約半分にしか過ぎないのだとか。

では残りの半分は一体何なのか?というと「近赤外線」と呼ばれる電磁波。
近赤外線と言う名前から、勝手に波長の短い光線を想像してしまいがちですが、これが全くの反対。
近赤外線は地上に降り注ぐあらゆる太陽光線の中でも最も波長が長く、なんと筋組織にまで到達してしまうんだそうです。

近赤外線は紫外線よりも強い威力で、真皮層にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを形成する繊維芽細胞を破壊してしまうのだとか…。
また、紫外線のように赤くなったりしないため、気付かないうちに近赤外線の影響を受けてしまっているということも。
近年の研究では、近赤外線がお肌に及ぼす影響力は紫外線以上だとされており、光老化の大きな原因であると言われています。

ちなみに、近赤外線は雨の日も曇りの日も地上に降り注いでいるとのこと。
うっかり油断している間にも、目に見えない形でじわじわと光老化が進行しているなんて、本当に恐ろしいですね。

 

長時間のパソコン作業がシミ、しわ、たるみの原因に?

IMG_2876

近赤外線は太陽熱エネルギーの一種だと言われると、室内にいれば影響を受けることも少ないのかな?という気がします。
でも、近赤外線は実は私たちの身近なところで様々な悪影響を及ぼしているんです。

例えば、代表的なものではテレビのリモコンがあります。
テレビのリモコンから発せられる目に見えない電磁波が近赤外線なんだそうです。
近赤外線は紫外線よりも強い威力で、真皮層にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを形成する繊維芽細胞を破壊してしまうのだとか…。

また、テレビの画面そのものからも近赤外線は大量に放出されているとのこと。
テレビを見るのは美容のためにもほどほどにしておいた方が良さそうですね。

テレビ画面と同様に、近赤外線はパソコンやスマホの液晶モニターからも大量に放出されています。
長時間パソコンのモニターの前で作業していると、知らず知らずのうちに光老化を進行させてしまっているなんてことも…。
パソコンの場合は仕事で使用するということもあり、簡単に使用を控えるというのはちょっと難しいですよね。

ちなみに、美容には悪影響大の近赤外線ですが、医療の面ではその長い波長を利用して様々な治療に活用されているとのこと。
アメリカではガン細胞への近赤外光線免疫療法による治験がFDAに承認されたとのことで、実現すれば副作用のほとんど無いがん治療が実現するかもしれないのだとか。

悪いことばかりでは無い近赤外線。
最近では近赤外線対応のPCメガネや日焼け止めも販売されてきているので、それらを利用するのも近赤外線の予防対策の一つ。
紫外線と同様に近赤外線を上手に防ぐことが大切ですね。

 

優先すべきなのは近赤外線対策?それともロングUVA対策?

IMG_3046

ロングUVA(ロング紫外線)に近赤外線…。
ドラッグストアやスーパーとかで販売されている一般的な市販日焼け止めではロングUVAや近赤外線は防げません。
その上に、お肌への影響力が大きな太陽光線が2種類もあるなんて、一体どうすればいいの?と途方に暮れてしまいます。

残念ながら、今のところロングUVAと近赤外線の両方を同時に防いでくれる日焼け止めは今のところ無いみたい。
ロングUVAに対応した日焼け止めと、近赤外線に対応した日焼け止め2種類を重ねづけするのはさすがにお肌への負担が大きくて、これでは本末転倒…。

あえてどちらかを選択するのであれば、個人的にはロングUVAよりも、近赤外線対策を優先すべきだと私は思います。
というのも、ロングUVAの場合は今現在「人間のお肌に有害」というエビデンスが無いのだとか。
つまり、真皮まで到達する波長の長い紫外線なので、お肌に悪いに違いない、という仮定の下で、「お肌に影響がある場合に備えて対策しておきましょう」というもの。

一方の近赤外線は「お肌に悪影響を与える」ということがハッキリと分かっています。
となると、お肌への影響力がある事が確実な近赤外線を対策しておく方が先ではないかと思います。
もちろん、両方の有害な太陽光線が一つの日焼け止めで防ぐことができれば最高なのですが…。

近赤外線に対応した日焼け止めはポーラ(POLA)の最高峰ブランド「B.A.」から「B.A ザ プロテクターS」が販売されています。
ポーラは光老化の原因が、紫外線だけでなく近赤外線にもあることにいち早く着目していたそうですから、さすがPOLAですね。

IMG_2866

>>> ポーラ(POLA) B.A ザ プロテクターSを試してみる

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2016.10.15

フラクセル2ニキビ跡|シロノクリニックのフラクセルレーザー7回目

フラクセルレーザー治療@シロノクリニック第7回。 2クール目の2回目の施術になります。 前回施術から約1カ月後の施術です。 …

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る