赤のとち姫|アットコスメの評判でも高評価の人気洗顔石鹸

ポツポツと繰り返す胸ニキビに、いつまでも消えないニキビの赤み。

ニキビやニキビ跡を気にせずに、胸元の開いた服を堂々と着たいものです。

私は胸元にニキビができやすく、ニキビ用のローションをお風呂上がりに塗ったり、衣類の素材にも注意しているけれど、全然ダメ。

それに、あまりベタベタすると、服がぺったり貼りついて、かえってお肌に刺激になって不快です。

ところが先日、母親からもらった「赤のとち姫」という石けんを使いだしたところ、これがめちゃめちゃ良い。

ニキビがみるみる減っていった上に、ツルツルすべすべの肌触り。

なんだかスゴイ石けんを見つけてしまったかも。

IMG_9079

赤のとち姫は鮮やかな朱色の外箱に入っています。

一見、和菓子のようにも見えるデザイン。

それもそのはず、赤のとち姫を販売しているのは、お菓子の壽城という鳥取県のお菓子屋さん。

「お菓子屋さんが石けん?なぜ?」と少々、怪しんでしまいます。

実は、お菓子の壽城の主力商品が「とち餅」。

とち餅の原料である栃の実の研究開発を行っていたところ、栃の実にポリフェノールが含まれていることを発見したのだそうです。

栃の実自体が火傷やしもやけ、湿疹などの民間薬として古くから利用されていたとのこと。

湿疹の民間薬だったということなので、私のデコルテニキビにも効いたのでしょうか。

IMG_9086

赤のとち姫はオレンジ色がかった赤い石けん。

おばあちゃんの化粧品のようなノスタルジックな香りがします。

この香りは好き嫌いが分かれるかも。

枠練り石鹸なので、市販の石けんに比べると少しふにゃっとした柔らかさがあります。

お風呂場など湿気の多い場所に置きっぱなしにしておいたら、すぐに溶けてしまうかもしれないので要注意です。

IMG_9102

赤のとち姫には栃の実ポリフェノール以外にも、美容成分がたっぷり配合されています。

プラセンタエキスやコラーゲン、ヒアルロン酸にセラミド、レスベラトロールまで。

さらに、最近大注目の植物幹細胞、リンゴ果実培養細胞エキスも配合されているみたい。

リンゴ果実培養細胞エキスは、ヒトの皮膚幹細胞を増やしてシワを減らす働きがあると言われています。

幹細胞は細胞の元となる細胞のこと。

幹細胞が増えることで、皮膚の生まれ変わりが促進されるため、シワの無い若々しいお肌を保つことができるんですね。

まさに、赤のとち姫は洗う美容液と言っても過言ではないかも。

IMG_9116

赤のとち姫に含まれているのは栃の実ポリフェノール。

ポリフェノールという名前自体はすっかりおなじみで、正直目新しさはありません。

栃の実に含まれているポリフェノールは「プロアントシアニジン」と呼ばれるポリフェノールだそうです。

プロアントシアニジンは「最強の抗酸化物質」とも呼ばれている成分で、その抗酸化力はビタミンEの50倍、ビタミンCの20倍とも言われています。

活性酸素と一概に言っても、実は全部で4種類あり、抗酸化成分によって除去できる活性酸素は決まっているんだそうです。

しかし、プロアントシアニジンは4種類全ての活性酸素を除去するチカラを持っているのだとか。

また、栃の実に含まれるサポニンには高い殺菌・抗菌力があるとのこと。

洗うほどに、素肌がツルツルスベスベになっていったのも納得です。

IMG_9137

今回、赤のとち姫とセットで付いてきたのが「マイクロバブルフォーマー」。

爽やかなブルーのプラスチック容器で、棒状の取っ手に上下に稼働する丸いフタが付いています。

コーヒーや紅茶を淹れる際に使用する、フレンチプレスの容器のような感じです。

IMG_9147

フタにはシャワーのような穴が開いてあります。

この穴のあいた面に石けんをこすりつけて泡立てるとのこと。

穴の周囲は浅く盛り上がっているので、石けんがしっかりと付着するようになっています。

容器の目盛まで水を注いで、石けんをこすりつけたマイクロバブルフォーマーを撹拌すると泡立つという仕組み。

なんだか、ちょっと面倒臭いかも……。

と思ったのですが、実際にやってみると意外と楽しい。

マイクロバブルフォーマーを実際に使用している分かりやすい動画を見つけました。

洗顔フォームと石けんのどちらでも使用できるみたいなので、一つ持っていると案外重宝するかもしれません。

IMG_9160

マイクロバブルフォーマーを使用して泡立てると、生クリームのような濃密なキメ細かい泡がたっぷりできます。

最初は、「泡立てネットで充分」と思っていましたが、泡立てネットでは出せないクリーミーな泡です。

泡に耐久性があるためか、よく伸びる(?)ので、デコルテや背中などの広範囲を洗う際には、意外と役立ちます。

ムダに石けんをゴシゴシ泡立てるよりも経済的かもしれません。

洗った後のお肌も、しっとりとしていてとてもなめらか。

入浴後にボディローションやミルクを付けなくても全然平気です。

IMG_9088

最初は、半信半疑で使い始めた赤のとち姫。

ですが、使えば使うほどに手離せなくなる石けんです。

デコルテや背中のニキビはもちろん、お肌のカサつきやザラザラ感も軽減して、しっとりと柔らかいお肌になったように思います。

また、いつまでも残っていたニキビ跡も薄くなり、お肌全体に透明感が出て明るくなったような感じです。

「色が白くてうらやましい」と褒められることも多くなりました。

私のように、「ニキビができているのにお肌が乾燥する」「ニキビができているけれどローションや乳液はできるだけ塗りたくない」という場合には最適です。

赤のとち姫はたるみやシワにも良いそうなので、使い続けたら首にくっきり刻まれたシワも目立たなくなるかも。

普通の洗顔用石けんだったらもったいなくてとても身体には使えないのですが、赤のとち姫はリーズナブルなお値段なのも魅力。

2個セットでも約3,000円なので、一つは顔用、もう一つは身体用と使い分けても良いかもしれません。

IMG_9075

実際に使ってみた個人的な評価(5点満点)

IMG_hyath

>>> 赤のとち姫を試してみる【初回半額&送料無料&特典付き】

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2015.6.5

あきゅらいずの日焼け止め対策|すっぴんで紫外線は大丈夫?

メイクもせずにスッピンで過ごせたらどんなにラクだろう。 女性なら誰もが一度は考えることではないでしょうか。 だけど、ノーメイクで…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る