緑の知恵|シソエキスの効果・効能で大人ニキビ対策

薬味としておなじみの「紫蘇(しそ)」。

栄養価が野菜の中ではトップクラスで、実は美肌にとても良いんだそうです。

紫蘇の効能をザッと調べてみると、アレルギー症状の緩和・抗炎症作用・免疫力向上・疲労回復などなど。

抗炎症作用と免疫力向上の両方の作用があるので、ニキビを治しつつニキビが出来にくいお肌へと導いてくれる成分なんですね。

ユースキンSなど、シソの葉エキスが配合された化粧品や乳液も数多くあるので、美肌効果があることは間違いなさそう。

とは言え、紫蘇がニキビに良いとは分かっていても、よほどのしそ好きでなければ、なかなか毎日大量に食べられるものではありません。

そこで、シソをはじめとするお肌に良い植物成分をギュッと詰め込んだ「緑の知恵」というサプリを試してみました。

IMG_6222

緑の知恵は写真サイズぐらいのコンパクトなパウチに入っています。

思わず「お試しサイズかな?」と思ってしまうくらい。

ですが、この小さな袋の中に90粒、15日~1カ月分、ちゃんと詰まっているんですよ。

コンパクトなパウチなので、持ち運びに便利で良いですね。

今回は緑の知恵の化粧水のサンプルも付いてきました。

IMG_6237

こちらが緑の知恵の化粧水。

内容量は20mlなので、1週間~2週間分ぐらいでしょうか。

妙に細長い容器に入っているので、リップクリームのようにも見えます。

IMG_6567

この緑の知恵の化粧水にもシソ葉エキスが配合されています。

実は、この緑の知恵の化粧水、「どうせ無料のサンプルだし、気が向いたら使おうかな」程度に考えていたんです。

ところが、成分を調べてみるとグリチルリチン酸2KやビタミンE誘導体、ビタミンC誘導体などが配合されていて、かなり贅沢な化粧水。

ビタミンE誘導体の効果効能はビタミンC誘導体とほぼ同じなのですが、この2つの成分を併用することでさらに高い美肌効果を期待することができるそうです。

ニキビケア化粧水としてはもちろん、保湿化粧水、美白化粧水として使用しても全く遜色の無い贅沢な化粧水だと思います。

IMG_6402

緑の知恵の化粧水は少し黄色がかった透明の液体です。

トロミはほとんどなくて、サラッとした水のような化粧水。

シソ葉エキスが配合されているとのことですが、特にシソの香りはしません。

香りはかすかに花のような甘い香りがする程度です。

IMG_6417

緑の知恵の化粧水はとても優しい付け心地。

サラッとしていてベタベタ感が無く、スッとお肌になじむような感じです。

たっぷり重ねづけしても、ヒリヒリしたり、チクチクするような刺激も全くありません。

IMG_6427

お肌に浸透すると、ふっくらと柔らかい肌触りになります。

しっかりと保湿されているのですが、ベタツキは無く、お肌の表面がモチッとしています。

無料サンプルと侮っていましたが、かなり優秀な使い心地です。

現品は80mlで3,500円とけっこうお手頃価格。

このクオリティで3,500円なら、ちょっと本気で購入を検討するかも。

IMG_6252

続いて今回の主役の緑の知恵のサプリです。

パッケージには絵本の挿絵のようなカワイイ草花のイラストが描かれています。

パッと見た感じにはニキビケアサプリって分からないところが良いですね。

IMG_6262

緑の知恵のサプリにはシソ葉エキス以外にもキウイ種子抽出物、アスパラガス抽出物、米セラミドなどの植物成分がたっぷり配合されています。

さらに大豆イソフラボンやテアニン、クロレラなどなど。

キウイというとビタミンCが豊富で美肌に良いというイメージがありますよね。

実はキウイがお肌に良いのはそれだけではないんです。

キウイには5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを抑制する作用があるそうです。

男性ホルモンの一種であるテストステロンはこの5αリダクターゼと結び付くと、活性化するという特徴があるのだとか。

男性ホルモンが活性化することで、皮脂の分泌量が増えたり、ニキビや吹き出物ができやすくなってしまうんですね。

女性の場合、男性ホルモンの分泌量そのものは少ないワケですから、この5αリダクターゼの働きを抑制すればニキビのリスクをググッと減らすことができるのではないでしょうか。

果物の中では皮をむいたりする必要も無く食べやすいキウイですが、そんなにたくさん食べられるものでもありません。

せいぜい1日1個か2個が限界といったところでしょうか…。

毎日の食事にキウイを取り入れつつ、サプリでキウイの栄養を補うことができればさらに効果倍増ではないでしょうか。

IMG_6577

サプリの袋を開けると少し青臭いような独特の香りがします。

シソ葉エキスが配合されているということですが、特にシソの香りはしないです。

薄い緑色の錠剤で、コーティングなどは一切されていません。

匂いといい、色といい葉酸サプリと言われても全く違和感無く信じてしまいそうです。

独特の匂いはありますが、それほどイヤな匂いではありませんし、小粒なので飲みにくさは無いと思います。

IMG_6592

緑の知恵がスゴイのは単にニキビケアに特化しただけのサプリでは無いという点。

ニキビをケアする成分、ニキビを予防する成分、美肌にする成分の3つがしっかりと配合されてます。

緑の知恵に配合されている米セラミドは数あるセラミドの中でももっとも保水力に優れたセラミドなんだとか。

米セラミドがスゴイのは、保湿効果だけでなく、美白作用やお肌のバリア機能を高めてくれる働きもあるということ。

さらに見逃せないのは皮膚の繊維芽細胞賦活作用があるという点。

繊維芽細胞というのはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す細胞なんだそうです。

米セラミドはこの繊維芽細胞の働きを活発にして、コラーゲンやエラスチンなどハリ・弾力に欠かせない美肌成分をせっせと作り出してくれるんですね。

「ニキビも気になるし、シワやくすみ、たるみもなんとかしたい」

緑の知恵はそんな大人ニキビの悩みを、植物成分で改善してくれる、なんとも贅沢なサプリ。

IMG_6617

緑の知恵の摂取目安量は1日3粒~4粒。

ニキビなどができていてお肌の調子が悪い時には4粒と多目に飲むと良さそうです。

緑の知恵は、体質を改善してニキビをケアするといった類のサプリでは無く、今出来ているニキビに直接働きかけてくれるサプリなのだとか。

とは言え、成分はシソやアスパラガス、キウイなど身近な食材が多いので、「わざわざサプリに頼らなくてもなぁ…」という気がしないでもないです。

しかし、シソを食べる量なんて高が知れていますし、アスパラガスだって1年中スーパーに並んでいるワケではありません。

何よりも、毎日同じ食材を大量に食べ続けるのは苦痛です。

そういった点を考慮すると、緑の知恵に配合されている食材を積極的に食べつつ、緑の知恵でさらに美肌成分を補うのが一番良いのかもしれません。

IMG_6632

緑の知恵は小粒でロキソニンなどの頭痛薬よりもさらに一回り小さいくらいの大きさです。

コーティングなどがされていないので少し粉っぽさがあります。

小粒なのですが、さすがに4粒一度に飲むのはちょっと飲みにくいかな。

エイッと思い切って飲みこむような感じ。

気のせいか後味がほのかにキウイの風味。

無料でいただいた緑の知恵の化粧水と併せて試してみました。

今あるお肌の悩みにもダイレクトに届くということでしたが、さすがに1日、2日飲んだ程度では「こんなもんなのかな?」といった感じ。

アスパラガスを山ほどたくさん食べたからといって、翌日お肌がツルツルになるワケでは無いのと同じですね。

どちらかというと、サプリよりも化粧水の良さを際立って実感♪といったところでしょうか。

もっと、顔にニキビがたくさん出来ていれば違いが実感できたのかもしれません。

ただ、1週間、2週間と飲み続けていると「最近、背中のブツブツが減ってきたかも…」と小さな変化がありました。

背中には緑の知恵化粧水は付けていなかったので、サプリのおかげなのかな?と思います。

「飲んでみたものの全くどこに効いてるのか分からないよ」といった事は無く、なんとなく「最近ニキビができないかも」という実感があります。

製薬会社のサプリということなので、かなり信頼できるサプリではないかと思います。

IMG_hymdr

>>> 大人ニキビ対策サプリ 緑の知恵を試してみる【WEB限定!化粧水プレゼント&送料無料】

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2015.2.27

ニキビ跡のレーザー治療についてシロノクリニック相澤医局長にお話を伺いました

シロノクリニックは関東4院(恵比寿・銀座・池袋・横浜)と関西に1院(大阪)を展開するレーザー治療専門の美容皮膚科。 レーザー治療がまだ…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る