白井田七茶!田七人参配合の無農薬・有機栽培の健康茶の効能

緑茶を飲んだことが無い、という人はいないと思いますが、身近な飲み物過ぎて敬遠しがち、なんてことはありませんか?

緑茶は実は美容にとても良い飲み物で、あのエリカ・アンギャルさんも「緑茶は最高の美容ドリンク」と推奨しているほど。

・三杯でりんご1個分に匹敵するビタミンCを含んでいる
・メラニン色素の生成を抑制する働きがある
・ビタミンEの50倍の抗酸化作用を持っている
・皮膚再生作用のあるビタミンAを豊富に含んでいる

もちろん、ニキビにも良く、美白作用も期待できるとても優秀な飲み物。

ただ、残念なことに、お茶の栄養の7割は茶がらに残ってしまうんだとか。

そこで、見つけたのがさくらの森の「白井田七茶」

無農薬・有機栽培されたお茶を丸ごと粉末にした健康茶です。

「白井田七茶」はスリムな箱に入っています。

本当にこの箱の中に30包も入っているのかな?とちょっと心配。

もちろん有機認証JASマークも入っています。

「白井田七茶」はその名の通り、白井田七の田七人参の入った向島園の緑茶。

どちらも有機栽培・無農薬栽培なので、まるごとお茶として飲んでしまっても安心なんですね。

箱を開けるとこのとおりずらっとキレイに並んだ「白井田七茶」。

スティック1本で350ml~500mlのお湯、もしくは水が目安だそうです。

葉っぱタイプのお茶と比べるとコスパが悪そうな気がしたのですが、意外とそうでも無いみたい。

500mlというとペットボトル1本分ですから、お水代わりに飲む分には充分な量ではないでしょうか。

スティックタイプなので、必要な分だけ職場や旅行先に持っていけるのも便利です。

「白井田七茶」に使用されているお茶は向島園の無農薬・有機栽培のお茶。

生産から加工まで一貫して行われているので、安心安全なんですね。

「白井田七茶」は粒子が細かくて、片栗粉のようにサラサラとしています。

1包あたりの内容量は1g。

袋を開封すると、ふわ~っとお茶の濃厚な香りが漂って、それだけで気分がほっと癒されます。

キメの細かなパウダーなので、ヨーグルトや牛乳に混ぜても美味しそうですし、パンやクッキーなどのお菓子を作る時に混ぜても合いそうです。

カタログに書いてあった上手な飲み方を試してみたいと思います。

まず、湯のみにお湯を少しだけ注ぎます。

ちょっと多すぎたかもしれません…。

少しだけお湯を注いだ湯のみに、「白井田七茶」を入れます。

大きなカップなどの場合は、1包をドバッと入れてしまっても全く問題無いと思います。

まずは少量のお湯でよく混ぜて溶かします。

ココアなどを作る時と同じ要領でしょうか。

よく混ぜないとけっこうダマになりやすいかも…。

よく混ぜて溶かしたら、さらにお湯を注いで完成。

けっこう濃厚です。

私はどちらかというと濃いお茶は苦手で、ふだんは薄めのお茶ばかり飲んでいます。

なので、最初「白井田七茶」を見て、「これは濃すぎたかも…」と思ったんです。

ところが、飲んでみると確かに濃いのですが、緑茶の苦味や渋味は無く、とてもまろやか。

「白井田七茶」にはその名の通り、白井田七の田七人参も配合されているのですが、田七人参の風味はほとんどしないかな。

ほのかにほうじ茶のような香ばしさがあったので、それが田七人参の香りなのかもしれません。

とはいえ、お茶なので飲んですぐにどうこうってことは無いだろうって気長に考えていました。

しかし、飲み始めて1週間ほどですが、ふと気付くと、鼻がラクなんです。

花粉症というほど深刻ではないのですが、朝晩の温度差が激しくなると、鼻水がダラダラと出てきてしまうのですが、それがありません。

粉末の緑茶には花粉症に良いと言われているメチル化カテキンが豊富に含まれているそうです。

さらに田七人参のパワーで、身体の抵抗力が強くなっているのかも。

美味しくて身体にも、美容にも良いなんて、改めて緑茶のパワーを見直しました。

実際に使ってみた個人的な評価(5点満点)

>>> 田七人参のお茶・白井田七茶を試してみる【最大23%オフ&送料無料&返金保証】

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2016.2.22

フラクセル2口コミ|シロノクリニックのフラクセルレーザー2回目

シロノクリニックでのフラクセルレーザー治療第2回目。 前回同様、先生の問診のあと、麻酔、施術、冷却の流れ。 照射レベルに関しては…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る