ディープ紫外線|富士フィルムの日焼け止めでロングUVA対策

普通の日焼け止めでは防げないディープ紫外線・ロングUVA

日焼け止めをキチンと塗って、日傘や帽子を被っていれば紫外線は防げるって思っていませんか?
実は、日傘や帽子はもちろん、日焼け止めさえ通過してしまう紫外線があるんです。

それが、ディープ紫外線やロングUVAなどの名称で呼ばれている「長波長UVA」。
その名の通り、波長の長い紫外線A波で、皮膚の真皮にまで届く紫外線なんだそうです。
しかも、身体に浴びる紫外線量の実に70%をディープ紫外線・ロングUVA占めているのだとか。
つまり、日傘や帽子、日焼け止めでしっかりと紫外線対策をしていたつもりが、ちゃんと防げていたのはたった30%の紫外線にすぎなかったということになります。

ディープ紫外線・ロングUVAは真皮まで届き、コラーゲンにダメージを与えてしまうのだそうです。
そのため、しわやたるみなどの光老化の大きな原因とも言われています。

 曇りの日は日焼け止めは塗らない
 日傘や長そでのシャツを着ているので日焼け止めはいらない
 外出しない日は日焼け止めを塗る必要は無い
こんな習慣があるという人は、じわじわと光老化が進行している可能性があるので要注意です。

 

知っておきたい紫外線と日焼け止めのこと

IMG_4188

「日焼け止めはSPF30よりもSPF50の方が日焼け止め効果が高い」
恥ずかしながら私もずっとそう思っていました。

実はSPF10もSPF50も紫外線を防ぐ効果は全く同じ。
違うのは、紫外線を防ぐ時間なんです。
SPF1=20分なので、SPF50の日焼け止めは1000分、約17時間紫外線を防ぎ続けてくれるということになります。

ちなみに、SPF値というのは紫外線B波を防ぐ値。
紫外線B波は日光とともに降り注ぐ紫外線なので、曇りの日や屋内に入ってしまうとほとんど届くことの無い紫外線です。
そう考えると、実はSPF30ぐらいでも充分じゃないの?という気がしてきます。

一方、PA値で表わされているのが紫外線A波を防ぐ値です。
紫外線B波が表皮の炎症やメラニン色素の沈着を引き起こす紫外線であるのに対して、紫外線A波はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを形成する繊維芽細胞に損傷を与えるのが特徴。
紫外線B波に比べると、紫外線A波はそのダメージに気付きにくいというのも厄介な点です。

なので、日焼け止めを選ぶ際に重視すべきなのはSPF値では無く、PA値の方なのかもしれませんね。
なお、PA値はSPFのように時間ではなく、効果の高さが示されています。
PA+(効果がある)、PA++(かなり効果がある)、PA+++(非常に効果がある)、PA++++(極めて高い効果がある)ということだそうです。

ちなみに、SPF50/PA++++の日焼け止めでも、ケチケチと薄く塗ってしまっては、効果は期待できないとのこと。
日焼け止めを使用する際は、適量をこまめに塗り直すことが大きなポイントのようです。

 

30歳からはディープ紫外線・ロングUVA対応の日焼け止めを

IMG_4288

目に見えない形でじわじわと進行する光老化の原因となるディープ紫外線・ロングUVA。
「日焼け止めでも防げない、日傘や長そでの服を着てもダメ、屋内にいても降り注ぐなんて、一体どうすればいいの?」と途方に暮れてしまいます。

でも、ご安心を。
近年、各社からこのディープ紫外線・ロングUVAに対応した日焼け止めが発売されているんです。
ディープ紫外線・ロングUVAの呼称はメーカーによって様々で、ディープUVAなど呼び名は様々。
日焼け止めを選ぶ際には、パッケージの説明をよ~く読んで、この波長の長いUVAを防いでくれるかどうかを確認してから購入するようにしましょう。

ボディ用の日焼け止めならアネッサやアリィーなどがロングUVAを防いでくれます。
お肌に負担をかけずにロングUVAまで防ぐ日焼け止めであれば、ラロッシュポゼが最適。
ただし、ラロッシュポゼの日焼け止めはウォータープルーフ効果が無く落ちやすいのでこまめに塗り直す必要があります。

日常使いでとにかく便利なのは、富士フィルムの『アスタリフトホワイトパーフェクトUVクリアソリューション』。
ティントクリームになっているので、BBクリームのような感覚で使用でき、汗をかいても落ちにくいのが大きな特徴です。

IMG_3503

>> アスタリフトホワイト トライアルキットを試してみる(パーフェクトUVクリアソリューションのサンプル付き)

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2016.7.10

フラクセル2痛み|シロノクリニックのフラクセルレーザー5回目

フラクセルレーザー治療@シロノクリニック第5回。 5回コースの最後の施術になります。 お肌の調子は着実に良くなっているものの、ま…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る