丸ごと熟成生酵素|副作用なく効果を実感できる生酵素サプリ

美肌と密接な関係にあるのが腸内環境。

腸内環境を改善するだけで、エステに行くよりも美容効果が高いとさえ言われています。

腸内環境が乱れる原因は主に便秘ですが、年齢と共に消化酵素や代謝酵素といった酵素が減少することで、消化が悪くなり腸内に便が溜まり悪玉菌を増やしてしまうのだとか…。

腸内環境を改善するには乳酸菌など善玉菌のエサを補ってあげるとともに、酵素を補給してあげることも大切なんですね。

酵素は、生の野菜や果物、発酵食品などに多く含まれていますが、毎日充分な量を摂取するのはちょっと難しいものです…。

そこで、今回試してみたのがうるおいの里の生酵素サプリ「丸ごと熟成生酵素」。

IMG_9760

丸ごと熟成生酵素は野菜や果物のイラストが描かれたにぎやかなデザインのパッケージです。

正直、酵素サプリとしてはありがちなデザインですね…。

チャックつきのコンパクトなサイズのパウチなので持ち運びにはかなり便利だと思います。

IMG_9795

「ベジーデル酵素」や「お嬢様酵素」「ベジライフ酵素」など様々な酵素ドリンクや酵素サプリ、酵素スムージーがありますが、「丸ごと熟成生酵素」を選んだのは、ズバリ「生」という点に惹かれたから。

「生酵素」という名前の通り、「丸ごと熟成生酵素」は加熱処理を行っていない酵素なんです。

酵素は48℃以上になると一切の活動を停止してしまい、その後、温度が下がっても活動を再開することはないのだとか。

市販の酵素ドリンクは、分類上は「清涼飲料水」になるので、製品として出荷するには加熱殺菌することが義務付けられてるんです。

つまり、酵素ドリンクに含まれているのは生きた酵素ではなく、酵素の死骸!

これではいくら飲んでも、体内の酵素を増やすことはできないですよね。

「丸ごと熟成生酵素」はアセロラやアサイー、ノニといったスーパーフルーツを含む厳選した120種類の素材を使用。

180年受け継がれた伝統製法で、素材を刻むことなく、丸ごと熟成しているそうです。

そして、特殊低温カプセル製法で48℃以上の熱を加えずに製法されているんです。

これなら、酵素はもちろん、熱に弱いビタミンなどもしっかりと摂取することができそう。

IMG_9950

丸ごと熟成生酵素の袋を開けて鼻を近づけると、何の香りか分かりませんが濃厚な香りがします。

それほど、不快感を感じるような匂いでは無いので、飲む分には全く問題ないですよ。

IMG_0052

薄茶色のソフトカプセルで、大きさはレーズンぐらいの大きさです。

丸ごと熟成生酵素は小粒なので、飲みにくさは全くありません。

カプセルタイプなので、酵素ドリンクのように人工甘味料が含まれているということも無いので安心して飲むことができます。

特にいつ飲めば良いという決まりは無さそう。

あれこれと調べてみると、食前に飲むと良いという意見もあるみたい。

IMG_0072

丸ごと熟成生酵素の1粒の大きさはかなり小さめです。

味や香りは全く気になりません。

これなら、小さな子供やお年寄りでも抵抗無く飲める大きさだと思います。

IMG_0087

1日の摂取目安量は2粒。

丸ごと熟成生酵素は小粒なので、2粒まとめて飲んでも良し、1日2回に分けて飲んでも良さそう。

私は忘れっぽいので、朝食の後に2粒飲むことにしています。

なんとなく、その日1日、酵素がしっかり働いてくれればいいな、という期待をこめて。

IMG_9785

丸ごと熟成生酵素は、生酵素というだけあって、今までの酵素ドリンクには無い手ごたえを感じることができました。

私の場合は、まずお通じが良くなり、規則正しくなったような気がします。

あとは、気のせいか汗が出やすくなったように思います。

子供の頃はものすごい汗っかきだったのに、大人になってからはお風呂に入ってもうんともすんとも汗をかかない体質になってしまっていたのですが。

酵素のチカラで代謝がアップしたのでしょうか。

丸ごと熟成生酵素を飲んでいると身体が内側からじわじわと活性化しているのが実感できます。

今まで色々な酵素商品を試したけど、丸ごと熟成生酵素が一番「仕事してる」って実感できたかも。

実際に使ってみた個人的な評価(5点満点)

IMG_hymjn

>>> うるおいの里・丸ごと熟成生酵素を試してみる【30日分が今だけ630円】

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2015.3.19

TBCのフェイシャル体験!30代のニキビ肌にも大満足の効果

エステというと「勧誘される」「料金が高い」というイメージがあり、ちょっと敬遠していました。 何よりも、お肌に自信の無い私は自分のお…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る