世田谷自然食品の青汁「乳酸菌の入った青汁」で野菜不足解消

「グルグルグルグルグルコサミン♪世田谷育ちのグルコサミン♪」のテレビCMでおなじみの世田谷自然食品の「乳酸菌が入った青汁」を試してみました。

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁は不足しがちな野菜の栄養と乳酸菌の両方がお手軽に摂れるとても便利な青汁です。

ニキビ予防には毎日のスキンケアも大切ですが、身体の内側からの改善も大事。

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁で身体の中から美肌を目指したいと思います。

舞の海さんのテレビCMでもおなじみの世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁ですが、1000円お試しトライアルを新聞広告で見つけたので、早速注文しました。

IMG_9542

やや大きめの小包みで届きました。

シンプルなデザインの箱で、健康食品にありがちなごちゃごちゃ感はありません。

IMG_9637

1000円お試しトライアルのセット内容は以下の通り。

・乳酸菌が入った青汁 1箱(15包)
・シェイカー
・乳酸菌が入った青汁 紹介冊子
・家族の笑顔と健康をつくる乳酸菌が入った青汁(漫画)
・世田谷ほんわかかわら版

緩衝材なども入っておらず、ムダの無い梱包です。

今回は初回限定お試しということで、1箱15包入りの商品が届きました。

通常の定期購入などで購入するのは1箱30包入りの商品になります。

IMG_9657

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁の主原料は大麦若葉。

大麦若葉は国産で、農薬や化学肥料を使用せずに栽培されたものを使用しているそうです。

青汁のお値段ってピンからキリまでありますよね。

安い青汁だと数百円程度でドラッグストアや楽天やAmazon(アマゾン)などで販売されています。

だけど、そんな激安青汁の多くは中国産の原材料が使用されていたり、産地が明記されていないということも…。

アメリカから輸入した大麦若葉の粉末に放射線が照射されていたなんてニュースもありました。

毎日口にするものなので、私は青汁はお値段では無く、産地や栽培方法を重視して選ぶべきだと思っています。

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁は、農薬科学肥料不使用の国産大麦若葉を使用しているので、子供からお年寄りまで安心して飲むことができますね。

IMG_9857

世田谷自然食品の乳酸菌の入った青汁2包でどれくらいの野菜の栄養成分が摂れるのかが紹介されていました。

意識して野菜を食べても、これだけの量の野菜を毎日食べ続けるなんてほぼ不可能。

というか、βカロテンは知っていましたが、αカロテンという成分を始めて知りました。

調べてみると、αカロテンは体内でビタミンAに変質する性質があるそうですが、そのチカラはβカロテンよりも弱いそうです。

ただし、αカロテンにはβカロテンの10倍の抗酸化力があり、老化や生活習慣病の予防にとても良い成分なんだとか。

αカロテンは単独で摂取するよりも、βカロテンと併せて摂取することでより体内で効力を発揮するとのこと。

そうなると、やはり野菜の栄養をまんべんなく摂取できる青汁というのは便利ですね。

IMG_9667

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁の大きな特徴は、商品名の通り、乳酸菌が配合されている点。

他の青汁と差別化するためにテキトーな乳酸菌を配合しているというのではありません。

日本人と相性の良いお米由来の植物性乳酸菌が1杯に100億個も配合されているんです。

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁には乳酸菌に加えて、大麦若葉やクマザサの食物繊維、さらにトウモロコシ由来の水溶性食物繊維も配合されています。

ニキビや肌荒れの大きな原因の一つとして挙げられるのが、腸内環境の乱れ。

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁なら、乳酸菌と食物繊維の相乗効果で便秘などで乱れた腸内環境をスッキリと改善してくれそうですね。

さらに、乳酸菌には免疫力を高める働きもあるので、ニキビの原因となる腸内環境の乱れを改善しつつ、ニキビのできにくい体質作りをサポートしてくれます。

IMG_9777

ちなみに、こちらは付属のシェイカー。

150ccまで水が注げるようになっています。

IMG_9792

この通り、シェイカーに青汁の作り方が記載されています。

青汁の作り方なんてわざわざ書くまでもないよね?と思ってしまいますがこれが意外と便利。

例えば、家族で青汁を飲んでいる場合、「作り方が分からないから作っといてよ」と言われることもしばしば…。

ですが、「シェイカーに作り方が載ってるからその通りに作ってね」とお願いすれば、夫や子供も自分で青汁を作って飲んでくれます。

IMG_9917

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁は1回分ずつ個包装になっています。

今回はお試しということで15包入っています。

1日の摂取目安量は1包~2包とのこと。

ふだんから意識して野菜を食べているのであれば1包でも充分かな?と思いました。

IMG_9942

スリムなアルミパウチなので、旅行や出張の際には必要分だけを持って行くことができ便利です。

私の場合、海外旅行に行くと、つい食事が偏って野菜が不足してしまいがち。

さらに野菜不足と環境の変化で、便秘に悩まされることも…。

手軽に野菜不足が解消できる青汁は海外旅行の必需品とも言えます。

IMG_0007

振ってみると、サラサラとしたキメの細かい粒子の音がします。

1包あたりの内容量は3.2g

青汁の方がたっぷり入っているように感じますが、スティックシュガーなどとほぼ同じ分量です。

IMG_0147

世田谷自然食品の乳酸菌の入った青汁は濃い緑色のキメの細かなパウダーです。

ところどころに白い粒子が見えるのは乳酸菌でしょうか。

予想以上に濃い色にちょっとビックリ。

舞の海さんが出演されているテレビCMでは「抹茶風味で飲みやすい」と言っていましたが、本当に飲みやすいのかちょっと心配。

IMG_0202

今回はスタンダードに水で溶いて青汁を作りたいと思います。

世田谷自然食品の乳酸菌の入った青汁は水以外にもお湯や牛乳に混ぜても良いですし、卵焼きやホットケーキなどお菓子やお料理にも使えるそうです。

付属のシェイカーに青汁を1包入れます。

IMG_0247

水を150ccの目盛まで注ぎます。

水を注いだ瞬間に、シュワッと溶けて濃い緑色に変ります。

これならシェイクする必要もないんじゃない?と思うくらい素早く溶けます。

直接グラスや湯飲みに入れてお湯や水を注いでスプーンで混ぜても全然OKだと思います。

IMG_0282

フタを閉めて10回から20回よく振ります。

サラッとはしているものの、かなり濃厚な緑色で「本当に飲みやすいのかな?」というのが正直な第一印象です。

IMG_0327

この通り、すっかりキレイに溶けました。

パッケージの青汁の画像を見た時に「コレは濃すぎでしょ」と思ったけど、同じくらい濃いです。

パッケージ画像に偽り無しです。

IMG_0342

香りは大麦若葉の青汁の香りで、特に他の青汁と大きく異なる点はありません。

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁は抹茶風味ということで、実際に抹茶が配合されているのですが、特に抹茶の香りはしないかな。

IMG_0412

見た目はドロッと濃厚なのですが、グラスに注いでみると意外にもサラサラとしています。

IMG_0467

この通り、溶け残りもありません。

飲んでみた感想ですが、想像していたよりもあっさりとしています。

見た目からかな~り濃厚な青汁をイメージしていたのですが、サラッとしていてゴクゴク飲めます。

濃い青汁が好きな場合は、水の量を減らすと良いと思います。

抹茶風味かどうかは意識して飲まないと分かりませんが、お湯で溶いたら確かにお茶感覚でいただけそうです。

個人的には牛乳で溶いて飲むのが好きです。

色々な青汁を飲んだことがありますが、かなり上位に入る青汁です。

飲みやすい青汁の中には、人工甘味料などを配合しているものも多くあります。

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁は、もちろん人工甘味料は配合されていませんし、無農薬国産の大麦若葉を使用しているので安心して毎日飲むことができます。

乳酸菌が配合されているというだけあって、私は世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁を飲むと毎朝のお通じがスルッとスムーズです。

外食が続いたりして、食生活が乱れているな…という時には1日に2包飲むようにしていますが、おかげで便秘に悩むこともありません。

飲みやすさや味、原材料の品質ともに間違い無い青汁と言えます。

IMG_9877

実際に使ってみた個人的な評価(5点満点)

IMG_hyssa

>>> 世田谷自然食品 乳酸菌の入った青汁を試してみる【1,000円&送料無料&シェイカー付き】

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2015.2.28

シロノクリニックでフラクセルによるニキビ跡治療を受けました

シロノクリニックの相澤医局長のお話を伺い興味を持ったので、実際にフラクセルを施術しました。 私はフラクセルを受けるのはもちろん、美容皮…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る