マキアージュ CCクリーム|カバー力でニキビ跡の赤みをカバー

ニキビ跡や毛穴をカバーしようとすると、ついついカバー力重視でファンデーションやBBクリームを選んでしまいます。

しかし、非常に困るのはBBクリームにフェイスパウダー程度の軽いメイクなのに、厚化粧感がハンパ無いこと。

カバー力もありつつ、素肌っぽさがキープできるファンデーションってないのかしら?とずっと探していました。

最近、ネット広告で見つけて気になっていたのが資生堂マキアージュのCCクリーム「ピーチチェンジベースCC」。

化粧下地も兼ねたCCクリームです。

お肌になじませるとほんのり桃色に変るというのも新鮮です。

早速、マキアージュ ピーチチェンジベースCCを購入してみました。

IMG_0701

マキアージュ ピーチチェンジベースCCは黒にゴールドのロゴの高級感のあるパッケージ。

単品使用はもちろん、ファンデーションなどと併せて使用しても良いとのこと。

公式ホームページによると、ファンデーションを重ねることで、レディームード(美人印象)が190%まで高まるそうです。

レディームード(美人印象)って何?なぜ数値化されてるの?と疑問は尽きませんが、とにかくファンデーションとの重ね使いがおススメみたい。

IMG_0711

マキアージュ ピーチチェンジベースCCには美容液効果もあるそうです。

ということで、成分をチェックしてみるとヒアルロン酸やコラーゲンがちゃんと配合されています。

マキアージュって何となく「キレイに見せることが優先でお肌への優しさは二の次」って偏見がありました。

だけど、ちゃんとお肌への優しさも考えて作られていたんですね。

IMG_0721

マキアージュ ピーチチェンジベースCCはSPF25/PA+++。

日焼け止め効果を期待するには少し低めの数値でしょうか。

ただ、SPF値が低い分、お肌への負担も少ないので、ニキビができやすい私でも安心して使うことができます。

日焼け止め効果に関しては日常生活を送るにはSPF25/PA+++でも特に問題は無いそうです。

真夏など日焼けが気になる季節には日焼け止め効果のあるファンデーションやパウダーと併用すると良いかもしれません。

「10時間化粧もち」ということなので、夕方帰宅するまでお化粧直しが不要なのも嬉しい。

IMG_0741

マキアージュ ピーチチェンジベースCCのポイントはマッサージをしながら塗布すること。

くるくるとマッサージしながら付けることで、カラー成分のカプセルが弾けて自然な桃色に変化するそうです。

とは言え、「ピンク色のクリームを塗って赤ら顔みたいにならなったら困る」という不安も多少あります。

ピーチチェンジベースはあくまでもほのかなピンク色。

顔全体が赤くなるというよりも、ほんのりと血色の良い顔色になると考えると良さそうです。

使う人の肌色を選ばずに誰でも自然で健康的な印象になれるといったところでしょうか。

IMG_0761

メタリックピンクのチューブにピンクゴールドのキャップ。

マキアージュの化粧品はCCクリームに限らずパッケージがオシャレで持っているだけで気分も上がります。

スリムなパッケージで、化粧ポーチに入れても邪魔にならない大きさなのも嬉しい。

IMG_0781

マキアージュピーチチェンジベースCCは少しくすんだ白い色をしています。

なんとも言えない色で、このままではCCクリームはもちろん、日焼け止めとして使用するにも不安を感じる色味です。

水分が多くゆるゆるとしたテクスチャーでクリームというよりも乳液に近い感じ。

よ~く見ると、黒っぽい点々が混ざっているのが見えます。

この点々がカラーカプセルのようです。

気になるような香りは無く、無臭と言っても良いと思います。

IMG_0796

マキアージュピーチチェンジベースCCは伸びが良く少量でもスルスルっと広がります。

サッと伸ばした程度ですが、端の方は若干ピンク色に変化しているのが分かりますか。

HPによると10秒マッサージを行えば良いとのこと。

しかし、あまり神経質に考えなくてもしっかりとお肌になじませれば、自然に桃色に変るように感じました。

IMG_0806

さらになじませるとほんのりとピンク色に。

思ったよりも分かりやすいピンク色です。

この色だとさすがにちょっと不自然かな?

ということで、さらにお肌になじませます。

IMG_0821

丁寧に、といっても10秒ほどなじませた状態。

ピンク色の不自然さは無く、自然に血色の良い肌色に落ち着いたように思います。

お肌になじむと、サラッとしていてとても軽い付け心地です。

ベタベタ感が無いので、ファンデーションを重ね塗りしても重さはほとんど感じません。

その後、何度かこのピーチチェンジベースCCを塗った手を水洗いしましたが、時間が経っても水をコロンと弾いていました。

崩れにくさに関してはかなり期待できそうです。

IMG_0841

左側がマキアージュ ピーチチェンジベースCCを塗った手。

右側が何も塗っていない状態です。

マキアージュピーチチェンジベースをCC塗った方の手が、健康的でふっくらとして見えるように思います。

ほんのりとピンク色ということで、実際に顔に塗ってみたところ、ニキビ跡の色素沈着やシミなどのお肌の赤みが上手にカモフラージュされているように感じました。

今までのCCクリーム、BBクリームにありがちな「色で隠す」というのではなく、CCクリームの色と同化しているイメージでしょうか。

なので、コッテリとした厚塗り感は無く、素肌っぽさがちゃんと残っているんです。

IMG_0776

マキアージュピーチチェンジベースCCを使用して、まずビックリしたのが「テカらない」「崩れない」こと。

私のお肌は何をやってもテカる肌で、もう諦めていたのですが、ピーチチェンジベースは本当に夕方までテカりませんでした。

まず、ピーチチェンジベースCCを塗っただけの状態でもお肌がサラッサラなんです。

今までは、BBクリームやCCクリームのベタベタ感を和らげるために、仕上げのフェイスパウダーが欠かせなかったのですが、フェイスパウダーは無くても良いくらい。

厚塗り感も無く、素肌っぽいのにしっかりと毛穴がカバーされていて、本来のお肌がキレイに見えるところもお気に入りです。

この上、ファンデーションを塗るなんてもったいない!と思ってしまうくらい。

ただ、うっかり多めに使用すると全体的に赤ら顔っぽい印象になってしまうので要注意。

使用する量さえ間違えなければ、お肌のあらゆる欠点をカバーしてくれる最高のCCクリームだと思いました。

IMG_7215

実際に使ってみた個人的な評価(5点満点)

IMG_hymcc

>>資生堂マキアージュ ピーチチェンジベースCCを試してみる【ワタシプラス限定商品&送料無料&特典付き】

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2015.6.5

あきゅらいずの日焼け止め対策|すっぴんで紫外線は大丈夫?

メイクもせずにスッピンで過ごせたらどんなにラクだろう。 女性なら誰もが一度は考えることではないでしょうか。 だけど、ノーメイクで…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る