ビタミンC誘導体|APPSより効果があるAPIS配合化粧品とは

ビタミンC誘導体といって様々

美肌成分としておなじみの「ビタミンC誘導体」。
メラニン色素の生成を抑制してシミやそばかすを防いでくれる作用や皮脂分泌量をコントロールする働き。
さらに、コラーゲンの生成を促進するなど美肌作りには欠かせない成分とも言えます。

実は、ビタミンC誘導体といってもその種類は様々。
水溶性ビタミンC誘導体や脂溶性ビタミンC誘導体、さらに両方の特徴を兼ね備えたビタミンC誘導体などがあります。
水溶性ビタミンC誘導体は素早くお肌に作用する一方で、浸透力がやや低め。
一方、脂溶性ビタミンC誘導体はゆっくりと作用するものの、お肌への浸透力が高いのが特徴なのだとか。

水溶性と脂溶性の両方の長所を兼ね備えているのが両親媒性ビタミンC誘導体と呼ばれるビタミンC誘導体。
両親媒性ビタミンC誘導体という名前になじみは無くても「新型ビタミンC誘導体」という名前なら聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

新型ビタミンC誘導体に代表されるのがパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、別名「アプレシエ・APPS」と呼ばれるビタミンC誘導体。
通常のビタミンCの100倍の浸透力を持ったビタミンC誘導体として有名です。
その浸透力の高さからAPPSは「最強のビタミンC誘導体」とも呼ばれているそう。

 

最強を凌駕するビタミンC誘導体APISとは?

IMG_6493

新型ビタミンC誘導体といってもAPPS一つではありません。
APPSよりもさらに高い浸透力を持っている新型ビタミンC誘導体がイソステアリルアスコルビルリン酸2Na、「Funcos C-IS・APIS」と呼ばれるビタミンC誘導体です。

APISはAPPSの2倍、通常のビタミンCのなんと200倍の浸透力があると言われています。
APPSがビタミンCに変換されるのに2つの酵素を必要とするのに対して、APISは1つの酵素でビタミンCに変換されるとのこと。
そのためAPPSよりも素早くビタミンCに変換されるのもAPISの大きな特徴だそうです。

また、APPSが熱や光に弱く安定性の面で劣るのに対して、APISは高い安定性も兼ね備えているのだとか。
一般的にビタミンCには美白作用やコラーゲン生成を促進する働きがあると言われています。
しかし、これらの働きは「お肌の奥で起こっているトラブルにビタミンCが届くこと」が前提。
お肌の表面に塗布しただけでは、お肌の深部にまでビタミンCを行き渡らせることはできません。
そのため、イオン導入などでビタミンCをお肌の奥まで送り込む必要があるんです。

IMG_6559

APISは高い浸透力があるため、わざわざイオン導入をしなくてもお肌の深部まで届くことができるのだとか。
そして、APISにはなんと、一般的な油溶性ビタミンC誘導体の5倍のコラーゲン生産力があるそう。
お肌の深部までしっかりと浸透するからこそ、コラーゲンにも働きかけることができるんですね。

APISはシワ・たるみ・シミの他、ニキビ跡の凸凹など、あきらめていたお肌の深部で発生したトラブルにもとても頼りになる成分です。

 

APPSとAPIS、使うならどっち?

IMG_6521

圧倒的なAPISの働きを知ると「ビタミンC誘導体はAPIS以外考えられない」という気持ちにもなります。
しかし、現実には化粧品などに多く使用されているのはAPPS。
知名度もAPPSの方が圧倒的に高いですよね。

実は、APPSが化粧品などに配合されて使用されてきた長い歴史と実績があるのに対して、APISはまだまだ歴史の浅い成分。
悪く言えば、APISを使用することで今後どのような副作用が起こるのか未知数、といったところでしょうか。
そのため、企業も安全性がはっきりするまで慎重にならざるを得ないのかもしれません。

では、APISは危険な成分なのか?というと、決してそんなことは無いと思います。
APISを開発したのは東洋ビューティ株式会社という会社でFuncos C-ISという名前で商標登録もされています。
また、日本をはじめ、韓国、アメリカ、シンガポールなどで特許を取得している成分。
実際に、大学病院や皮膚科の共同開発でAPISを配合した化粧品も数多く販売されているみたい。
特許取得成分なので、APIS配合の化粧品はお値段が一様に高めなのが最大のデメリットでしょうか。

IMG_6789

シーボディから販売されているVCシリーズなら比較的リーズナブルなお値段でAPIS配合の化粧品を試すことができます。
シーボディVCシリーズは香料・着色料・パラベン・アルコール・界面活性剤・鉱物油無添加。
敏感肌でも安心して使用できるのも大きな魅力です。

 現状を維持しながら、じっくりと美肌を育てたいのであればAPPS。
 よりアグレッシブに肌トラブルを解決したいという場合にはAPISが最適かもしれません。

IMG_6798

>> シーボディ VCシリーズの実体験レビューを見てみる

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2015.3.19

TBCのフェイシャル体験!30代のニキビ肌にも大満足の効果

エステというと「勧誘される」「料金が高い」というイメージがあり、ちょっと敬遠していました。 何よりも、お肌に自信の無い私は自分のお…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る