ビタブリッドCフェイス|ニキビ跡におすすめの韓国コスメビタミンC

ビタミンCというと健康やお肌に良いけれど、壊れやすい、酸化しやすい、流失しやすいとてもデリケートな成分。

そんなビタミンCがお肌に12時間も留まって、働きかけてくれるとしたらスゴイことですよね。

ところが、純粋ビタミンCの12時間パックを可能にしたのが、ビタブリッドCフェイスという美容パウダー。

アメリカ・EU・日本・韓国・中国・オーストラリアなどで特許を取得しているすごい美容パウダーなんです。

「さぞお高いんでしょ。」と思いきや、何と約1カ月分が1200円で試せるとのこと。

ということで、ビタブリッドCを早速試してみました。

IMG_4948

ビタブリッドCは長方形の箱に入っており、化粧品というよりは薬品といった方がしっくりくる見た目です。

思ったよりもコンパクトで軽く、本当にこの中に美容パウダーが入っているのかな?といった感じ。

IMG_4933

もともと、私はビタブリッドCはビタミンC誘導体のように浸透性の高いビタミンC成分のことなんだろうな、って思っていました。

しかし、ビタブリッドCはビタミンC誘導体のようにビタミンCに様々な化学成分を付加したものではなく、純粋なビタミンCとのこと。

純粋なビタミンCを亜鉛で作られた層状の物質で挟むことによって、安定してビタミンCをお肌に送り届けることができるというもの。

ビタミンとミネラルのハイブリッドということで、ビタブリッドという名前なんだそうです。

正直、詳しいメカニズムは良く分かりませんが、化粧品などに含まれているビタミンC誘導体とは全く異なるものであることは間違いないみたい。

ビタミンとミネラルのパウダーなので、大人のニキビはもちろん、子供のカサカサ肌にも安心して使えるとのこと。

IMG_4958

ちなみに、ビタブリッドCは韓国製。

美容大国韓国のコスメということですが、私はどうしても「韓国」「コスメ」と聞くとプチプラコスメなどチープなイメージが先行してしまいます。

実際、ビタブリッドCもお安く購入できたこともあり、「安かろう、悪かろう」では無いのか、と少し半信半疑でした。

ですが、ビタブリッドCはバラエティショップなどで販売されている韓国コスメとは一線を画するかなり本格的なコスメ。

学会などでも論文が発表されており、「Nature(ネイチャー)」のハイライトにも掲載されているということですから、最先端の技術を駆使した化粧品と言っても過言ではないかも。

なんだか、知れば知るほど「化粧品では無く薬品では?」という気さえしてきます。

日本の化粧品では、ドクターズコスメといえども、なかなかここまで最先端の技術を駆使した化粧品って珍しいので、自ずと期待も高まります。

IMG_5073

アンプルのようなガラス製の容器に入っていて、取り扱うのに緊張しそう。

ビンの中にはサラサラの粉砂糖のようなパウダーが8分目ぐらいまで、たっぷり入っています。

ビタブリッドCに使用されているビタミンCと亜鉛は共に医薬品でも用いられているものが使用されているとのこと。

IMG_5163

まずは、ビンのキャップを外して、中栓を取り外します。

中に入っているパウダーをこぼさないように要注意です。

ビタミンCというと、酸っぱい匂いのイメージがありますが、ビタブリッドCは特に気になるような匂いは無く、ほぼ無臭といって良いと思います。

IMG_5113

ビタブリッドCはパウダー状態のまま、水や化粧水と混ぜ合わせて使用するとのこと。

今までには無いタイプの化粧品ですね。

パウダーがお肌に密着するように洗顔後、最初のスキンケアを使用する前に使うと良いそうです。

確かにこの方法ならビタミンCが配合された化粧水を塗るよりも、絶対に確実にビタミンCをお肌に塗ることができますね。

IMG_5198

たっぷりと入っているように見えますが、内容量は3g。

1回の使用量の目安は付属のスプーン2杯ほどということですが、このスプーンはあまり使うことは無いかも…。

IMG_5248

というのも、ビタブリッドCのキャップの部分が柔らかいゴムで出来ていて、ここでパウダーの量を調整することができるんです。

1回~2回程押した量が適量ということで、こちらの方がスプーンで量るよりもお手軽ですよね。

IMG_5298

適量と思われる量を手のひらに出します。

「状態が気になる時は多めにご使用下さい」ということだったので、あまり神経質に量を気にする必要は無いのかな?と思いました。

最初は「面倒臭そう」と思いましたが、意外と簡単でラクちん。

いつもの化粧品に混ぜて使うだけなので、余計なワンステップが増えるワケでも無く、ズボラな私でも全然大丈夫です。

IMG_5398

水道水と混ぜても良いということですが、いつも使っている化粧水と混ぜました。

若干、鉄っぽい香りがするような気がします。

注意深く匂いを嗅いでかすかに感じる程度なので、ほとんど気にならないと思います。

化粧水に混ぜるとサッと溶けて白く濁ります。

後日、少しトロミのある化粧水でも試してみましたが、トロミがあっても溶けにくいことも無くサッとキレイに溶けました。

サラッとタイプの化粧水も、トロミタイプの化粧水もどちらも、少し粉っぽさが残ります。

片栗粉を水に溶かした時のような感じでしょうか。

IMG_5413

実際に、お肌に塗布する際にはザラザラとした粉っぽさは無く、いつものローションを付けるのと変わらない感じです。

子供でも使えるということですが、私は一番最初にお肌に付けた時に少しピリピリとした刺激を感じました。

化粧水との相性もあるのかもしれません。

ですが、特にお肌が赤くなったり、痒くなるようなことも無く、時間が経つと全く何事も無かったかのように治まりました。

継続して使用していますが、ピリピリ感を感じたのはその1回だけで、その後は何事も無く使えているので、偶然かもしれないですね。

ビタミンC誘導体化粧水の場合、使用後は少しベタベタする感触が残りますが、ビタブリッドCは特にベタベタ感も残りません。

使用感を一つとっても、やはりビタミンC誘導体とは全くの別物なんだ、ということが分かります。

IMG_5428

12時間のビタミンCパックということで、どんなスゴイんだろう?とワクワクしていましたが、さすがに1日では特に目立った変化は感じられませんでした。

ビタブリッドCを塗ったからといって、お肌の質感が変わるということもなく、いつものスキンケアをしたら、ビタブリッドCを付けていることを忘れてしまうくらいです。

とは言え、いつもの化粧水に混ぜるだけ、とお手軽なので継続して使うのが苦にならないのが私にはピッタリでした。

1週間ほど使い続けていると、ふと鏡に映った自分の顔を見た時に「あれ?いつもよりツルンとなめらかだな」という気がしたんです。

鏡に映り込んだ自分の顔を見てギョッとすることは日常茶飯事ですが、キレイだなと思うことなんてほとんど無いのに。

ニキビ跡の凸凹肌が気のせいか、浅くなめらかになっているような感じがしました。

あと、お肌が白く明るくなったような気もします。

そんなにスグお肌が美白されるということは考えられないので、古い角質が落ちて透明感がアップしたのかもしれません。

最初は「期待が大きすぎた?」と思ったのですが、たった1週間で期待以上のスゴさを実感。

初回のみとは言え、こんなスゴイものをたった1200円で販売してしまって大丈夫?と思うくらいスゴイです、文句なしの満点評価です!

IMG_4948

実際に使ってみた個人的な評価(5点満点)

IMG_hyvbc

>>>ハイブリッド美容パウダー ビタブリッドCフェイスを試してみる【1,200円お試しコース&送料無料】

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2015.5.14

NOV ACアクティブについて、常盤薬品工業(株)ノブ事業部に聞きました

NOV(ノブ)は1985年に発売されて以来、敏感肌やにきび肌に悩む人から指示されてきたスキンケアブランド。 NOVの魅力は何と言っ…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る