ニキビ跡の凸凹を改善したい!失敗しない対処方法とは

ニキビ跡の凸凹をなんとかしたい

ファンデーションでもコンシーラーでも隠すことのできないニキビ跡の凸凹

鏡を見るたびに憂欝な気分になります。
ニキビ跡の凸凹とした肌を元どおりツルンとなめらかにすることは、自宅ケアだけでは不可能。
だけど、毎日のお手入れでニキビ跡の陥没を少しでも目立たなくすることならできます

ニキビを潰すとニキビ跡が陥没状態の傷跡となって残ってしまうと思われがち。
でも、実はニキビを潰さなくても炎症の強いニキビができてしまうと、跡に残ってしまうことが多いんだそうです。
ニキビができてしまった場合は、炎症が酷くなってしまう前にきちんとケアすることが大切。
もちろん、絶対に潰してはダメです。

ニキビ痕の凸凹をケアする上で必要不可欠なのが「コラーゲン」。
人間の皮膚は大まかに分けて表皮と真皮の二種類に分かれます。
たとえば、ニキビ跡の色素沈着などは表皮で起こっている現象。
なので、肌のターンオーバーを促進することで、改善することが可能なんです。

ところが、ニキビ跡の凸凹はこの表皮のさらに真皮層まで傷ついてしまった状態。
お肌の表面を一生懸命ケアしても、なかなか改善することはありません。
この皮膚の真皮の70%を占めているのがご存知コラーゲンになります。
なので、コラーゲンの減少を抑え、コラーゲンをしっかりと補充してあげることでニキビ跡の凸凹を少しでも目立たなくすることができます。

 

コラーゲンはどうすれば増やせるの?

IMG_vitaminc02

コラーゲンを増やすにはやっぱりコラーゲンドリンクやサプリ、コラーゲン配合の化粧品を使えばいいの?と思ってしまいがち。
だけど、コラーゲンは肌に塗っても、体内に摂取してもお肌に定着しにくい厄介な特徴があります。

「コラーゲン配合の美容液を使ったらお肌がふっくら柔らかくなったけど…」
そんな経験がある人もいるかもしれません。
しかし、これはお肌にコラーゲンが定着したワケではなく、コラーゲンの持つ保湿効果によるもの。
低分子ナノ化されたコラーゲンであっても浸透するのはお肌の角層、いわゆる一番表面の部分まで。
効率的に肌のコラーゲン量を増やすのであれば、コラーゲンそのものを肌に塗るよりも、コラーゲンを作り出す成分を使用した方が効果的です。

肌のコラーゲンを生成してくれる主な成分にはビタミンC誘導体、ビタミンA誘導体、EGF・FGFなどがあります。
ビタミンA誘導体はレチノールやトレチノインという名前の方が一般的かもしれません。
ビタミンA誘導体はビタミンC誘導体よりもさらに効果が高いのですが、その分、刺激が強いというデメリットがあります。
リスクが少なく、かつ効果の高いものを選ぶのであれば、ビタミンC誘導体かEGF・FGFの配合された化粧品を使用するのがオススメ。

その際に、古い角質をピーリングなどで除去することによって、有効成分の浸透をより高めることができます。

また、コラーゲンは体内に入るとアミノ酸に分解されて、そこから再びコラーゲンに生成されるという手間がかかります。
最近では低分子コラーゲンなど体内への吸収率を高めたコラーゲン製品も多く販売されていますが、科学的効果が証明されているとは言い難い状態。
コラーゲンドリンクやサプリなどを摂取する際には、コラーゲンの生成に欠かせないビタミンC、亜鉛、鉄分を併せて摂るようにしましょう。
コラーゲンはタンパク質の一種なので、タンパク質を積極的に摂取することもオススメです。

 

ニキビ跡の凸凹に有効な化粧品選びの3つのポイント

IMG_vitaminc03

ニキビ跡の凸凹を目立たなくしたい。
そんな時には、ビタミンC誘導体が配合された化粧品がオススメです。
ビタミンA誘導体ほどの皮膚再生能力はありませんが、副作用の心配がほとんどなく、使用実績が長く安心して使用することができます。

ビタミンC誘導体配合化粧品を選ぶポイントは次の3つ。

 「高濃度」ビタミンC誘導体配合のものを選ぶ
 「医薬部外品」に惑わされない。
 ピーリングと併用すればさらに効果的

最近ではビタミンC誘導体の配合された化粧品も多く、簡単に見つけられそうですよね。
ビタミンC誘導体はほとんど欠点は無いのですが、あえて欠点を挙げるならベタベタして使い心地が悪いという点。
使用感重視の化粧品であれば、ビタミンC誘導体が配合されているといってもほんのわずかに抑えているかもしれません。

また、「医薬部外品」と書かれている化粧品だと、何も書かれていない化粧品よりも「効果がありそう」と思ってしまいます。
実は医薬部外品は有効成分を配合する割合が厳密に定められているため、一定の量以上は配合できないという制約があるんだとか。
そのため、実は医薬部外品よりも化粧品の方が有効成分の濃度が高いということがあります。
「高濃度ビタミンC誘導体配合」と書かれた化粧品で、使用感がベタつくものを選べば失敗は少ないと思います。

ビタミンC誘導体配合の化粧品を使用する際、ピーリング石けんやピーリング化粧水を併用すればさらに効果的です。
ピーリングで古い角質を除去し、ビタミンCが浸透しやすい肌環境を整えてくれます。

 

実体験から選んだ、ニキビ跡の凸凹肌の解消にイチオシの化粧品は?

IMG_vitaminc04

「キャシーズチョイス」なら毎日のお手入れでピーリングとビタミンC誘導体のケアができて、ニキビ跡の凸凹の悩みにピッタリです

グリコール酸とサリチル酸配合の拭き取り化粧水「アシィドローション」で古い角質を優しく除去。

ビタミンC誘導体をなんと7%と高濃度に配合した化粧水「C-マックスローション」。

さらに、3%のビタミンC誘導体を配合した「パーフェクトACクリーム」の力で、ニキビ跡の凸凹肌はもちろん、毛穴など気になるお肌をしっかりケア。

また、美容液「アシィドセラムエビデンスプラス」が肌のコラーゲン量を高めて内側からふっくらと滑らかなお肌へと導いてくれます。

価格 セット内容 お試し期間
2592円(税込) ふきとり化粧水(2種)、化粧水、美容液、美容クリーム 7日間

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2015.2.27

ニキビ跡のレーザー治療についてシロノクリニック相澤医局長にお話を伺いました

シロノクリニックは関東4院(恵比寿・銀座・池袋・横浜)と関西に1院(大阪)を展開するレーザー治療専門の美容皮膚科。 レーザー治療がまだ…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る