ニキビの膿を出す・潰すのは厳禁!膿ニキビ・黄ニキビの正しい治し方

煩わしい膿ニキビ(黄ニキビ)はどうしてできるの?

プクっと中心が白く化膿した膿ニキビ(黄ニキビ)。
ニキビの膿はうっかり触ると潰れてしまうので、お化粧などでも隠しにくくてとても厄介です。

黄ニキビは大抵の場合、炎症の強い赤ニキビの末期症状としてできることがほとんどです。
というのも、黄ニキビはアクネ菌などのにきびの原因菌と白血球が闘った死骸。
死骸と言われるとなんだか気持ちが悪いですが、ニキビがきちんと治癒されているという証拠でもあります。

また、黄ニキビができるということは、それだけニキビの炎症が強いということ。
黄ニキビを防ぐには、まずは赤ニキビを予防、ケアすることが大切。

 

黄ニキビの膿を出せばニキビが早く治る?

IMG_nikibiumi02

ニキビと言っても様々な種類がありますが、黄ニキビはニキビが最も重症化した状態のにきび。
黄ニキビは治っても、色素沈着や凸凹などがお肌に残ってしまう可能性が高いです。

だったら、黄ニキビになってしまう前に潰してしまえばいいんじゃないの…?
皮膚科でも黄ニキビは潰してしまうし、自分で潰しても問題ないよね。
と安易に考えてしまいいがち。

自己判断でニキビを潰してしまうと指先や器具から菌が繁殖して、さらに炎症を起こしてしまう可能性もあります。
また、ニキビを潰した後が傷跡となって残ってしまうことも…。

いずれにしても、黄ニキビというのは何らかの形で跡に残ってしまう可能性の高いニキビ。
ヘタに触って重症化させてしまうのは危険です。

 

できてしまった黄ニキビはどうすればいい?

IMG_nikibiumi03

黄ニキビについて調べていると「ニキビの炎症が酷くなる前にきちんとケアしておきましょう」と書かれていることが多いです。
ニキビに悩まされている人にとっては、そんなことは今さら言われなくても百も承知のこと。
ニキビと一概に言っても、人によってニキビのでき方は様々。
小さなニキビが無数にできるという人もいれば、数は少なくても大きくて炎症を起こしたニキビがポコポコとできる人。

炎症の強いニキビの場合、一度ニキビとなると、十中八九は黄ニキビとなってしまいます。
これは体質によるものなので、一朝一夕に改善するのは難しいもの。
体質を改善するには漢方薬などを利用するのが良いですが、根気強く飲み続ける必要があります。

 ニキビが炎症を起こしやすい
 黄ニキビが出来てしまった
 ニキビ跡を残したくない

そんな時には、ビタミンC誘導体を配合した化粧品の使用が良いでしょう。
ビタミンC誘導体は抗炎症作用がありニキビを予防、ケアしてくれるだけでなく、厚生労働省が認可した美白成分でもあります。
メラニン色素の働きを抑制し、ニキビ跡が色素沈着やシミとして定着するのを防いでくれる働きもあります。

また、ビタミンC誘導体は肌への浸透率が高くお肌の真皮に働きかけてコラーゲンを生成する肌再生作用もあります。
そのため、ニキビ跡がクレーター状の凸凹になるのも防いでくれます。

 

実体験から選んだ黄ニキビ対策にイチオシのビタミンC誘導体配合化粧品

IMG_nikibiumi04

ビタミンC誘導体の中でも特に浸透率が良く、安全性も高いと言われているのがAPPS。

美容皮膚科やクリニックのイオン導入などにも使用されているビタミンC誘導体です。

プリモディーネのシーバムコントロールVCローションはAPPSを高濃度に配合した美容液のような化粧水です。

APPSに加えて、ニキビ跡の色素沈着を防いでくれるαアルブチン。

抗炎症作用に優れ、シミやソバカスを防いでくれるハトムギ(ヨクイニン)が配合されています。

また、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つ、ポリクオタニウム-51が配合されているので、ニキビの原因でもある乾燥もしっかりと防いでくれます。

プリモディーネのシーバムコントロールVCローションは合成界面活性剤や着色料、香料はもちろん、パラベンやフェノキシエタノールといった保存料も無添加。

ニキビのできやすいデリケートなお肌でも安心して使用することができます。

価格 セット内容 お試し期間
1,800円+税 VCローション(5mL×3本)、洗顔料(10mL×1本)、保湿化粧水(10mL×1本)、ジェルクリーム(10g×1個) 3日間

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2015.3.5

ディオーネの顔脱毛!ニキビにも効果的なハイパースキン脱毛

「ニキビが出来ていても顔脱毛ができる脱毛サロンがある」 それが、最近人気が急上昇している脱毛サロンの「Dione(ディオーネ)」で…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る