グリセリンでニキビが悪化…安心安全なグリセリンフリー化粧品は?

グリセリンはニキビケア化粧品に潜む裏切り者

 ニキビ用の化粧品を使っているのに、にきびがいつまで経っても治らない
 にきび用の化粧品に変えたら、なぜかニキビが増えた

ニキビ用の化粧品を使っているのに、一向にニキビが改善しない、といった経験、誰もが一度はあるのではないでしょうか。
実は、あらゆる化粧品に配合されている、メジャーな成分が実はニキビの原因になっているということもあるんです。
普段、使用している化粧品の成分を見て下さい。

「グリセリン」が配合されていませんか?

グリセリンは、配合されていない化粧品を見つけるのが難しいほど、ほぼ全ての化粧品に配合されているといっても過言ではありません。
「グリセリンは手作り化粧品でも使用するくらい、安心安全な成分じゃないの?」
私も、そんな風に思って、グリセリンなんて気にも留めたことがありませんでした。
「無添加化粧品」や「自然派化粧品」にも配合されているくらいなので、お肌に優しい成分なんだと思っていました。

ところが、このグリセリン、ニキビの原因となるアクネ菌のエサとなることが、製薬会社の研究で判明したそうです。

 

ニキビが治らない原因はグリセリン?

IMG_glycerin02

化粧品の成分というのは規定で、配合量の多い順番に記載されることになっています。
たとえば、化粧水などは「水」の次に「グリセリン」と表記されているものが多いかと思います。

グリセリンの配合目的は「保湿」。
安価で優秀、しかも刺激が少ないので、化粧品には欠かせない成分なんですね。
乾燥肌やエイジング対策など、ニキビの悩みの無いお肌には、グリセリンはとても優秀な成分。

また、グリセリンが配合されているからといって、必ずニキビができるという訳ではありません。
グリセリンが配合されていても、ニキビをケアする殺菌成分などが配合されていれば、普通にニキビが改善し、解消するということは大いにあります。

ただ、「ニキビは保湿が大切、だから保湿を徹底したのに、ニキビが増えた」という人は要注意。
化粧品に配合されているグリセリンが原因で、ニキビの原因となるアクネ菌がかえって繁殖してしまったという可能性もあります。

しかも、人によってはグリセリン配合の化粧品を使用すると、毛穴が開いて目立つという事も…。
そうすると、開いた毛穴に皮脂や汚れが詰まり、角栓や黒ずみ、ニキビの原因になってしまう可能性もあります。
毛穴やニキビに悩んでいるのであれば、グリセリンの配合されていない化粧品を使用してみるのも一つの方法です。

 

グリセリンフリーなら保湿はどうすればいいの?

IMG_glycerin03

グリセリンがニキビの原因になる可能性があるとは言え、大人ニキビに保湿が必要なのは事実。
グリセリンに頼らずに、保湿をするにはどうすればいいの?

グリセリンと共に使用頻度の高い保湿成分に「BG」と呼ばれる成分があります。
BGというのは「ブチレングリコール」の略で、グリセリンよりもサラサラとした使い心地の保湿成分です。
石油由来なので、自然派化粧品などには配合されていないことが多いのですが、お肌への刺激は弱く、エタノールよりも刺激が弱いと言われています。
経口毒性はグリセリンよりも低いというので、ほぼ安心安全な成分だと言えます。

石油由来成分と言われると「お肌に悪い」と単純に思ってしまいがちですが、人工的な成分であるからこそ、お肌にとって有害な成分を排除できるというのもまた事実。
保湿クリームとしておなじみのワセリンも石油由来成分ですが、赤ちゃんでも使用できるくらいお肌に優しい成分ですよね。

BGはグリセリンよりもサラッとした使い心地で、なおかつ、殺菌作用があるのが特徴。
ニキビに悩む人にとっては、このグリセリンよりもBGの配合されている化粧品を選んだ方が良いかもしれません。

また、その他の保湿成分として「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などがあります。
特にセラミドは「最強の保湿物質」と呼ばれるくらい、保湿力の高い成分。
グリセリンに頼らない保湿を心がける際には、これらの成分が配合されているかどうかを目安にすると良いでしょう。

 

グリセリンの影響でニキビを増やさないためのコスメ選びのコツ

IMG_glycerin04

「ニキビを治したい」と思って、ニキビ用の化粧品を購入したのに、かえってニキビが増えたら、こんなに悲しいことは無いですよね。
ニキビ肌でも安心して使うことができる、とされている以下のような化粧品にもグリセリンは配合されているので要注意。

 ノンコメドジェニック化粧品
 オーガニック化粧品
 無添加化粧品

一般的に、グリセリンはニキビの原因とは認識されていません。
そのため、ノンコメドジェニック表記されている化粧品にもじゃんじゃん配合されています。

また、グリセリンはヤシ油やパーム油といった天然の成分を原料として作られることもあるため、オーガニック化粧品や自然派化粧品にも配合されています。
もちろん、グリセリンは添加物でも無いので、無添加化粧品にも配合されていますし、石油系成分無添加とされている化粧品にも配合されています。

ニキビ用の化粧品を選ぶ際には、必ず全成分の表記をチェックし「グリセリン」や「濃グリセリン」の表記が無いことを確認するようにしましょう。

 

ニキビ肌でも安心して使うことのできるグリセリンフリーの化粧品はコレ

IMG_glycerin05

NOV AC アクティブは数あるニキビケア化粧品の中でも数少ないグリセリン未配合・グリセリンフリーの化粧品です。

グリセリンは配合されていませんが、セラミド・リピジュア・ヒアルロン酸といった保湿成分がたっぷりと配合されているので保湿力には問題無し。

NOV ACアクティブローションとNOV ACアクティブローション モイストの2種類があるので、お肌の状態や季節に合わせて使い分けることができます。

グリセリン配合化粧品にありがちな、しつこいベタつきは無く、サラッと軽い使い心地なのに、ふっくらと弾力のあるお肌がキープされます。

グリコール酸やサリチル酸といった、ピーリング成分が配合されているので、毛穴の開きや黒ずみ、角栓といった悩みにもアプローチしてくれます。

また、ビタミンC誘導体をはじめ、各種ビタミンが配合されており、ニキビの悩みはもちろん、ニキビ跡のケアにも期待できます。

NOV AC アクティブはニキビの悩みはもちろん、ニキビ跡や毛穴の悩みにも対応してくれる、信頼できるニキビケア化粧品です。

価格 セット内容 お試し期間
1500円+税 メイク落とし、洗顔料、化粧水(しっとり・ノーマル)、乳液 7日間

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2015.2.28

シロノクリニックでフラクセルによるニキビ跡治療を受けました

シロノクリニックの相澤医局長のお話を伺い興味を持ったので、実際にフラクセルを施術しました。 私はフラクセルを受けるのはもちろん、美容皮…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る