デコルテのブツブツニキビの治し方に効果的な薬用VCボディミスト

生理前は口の周りにニキビにできやすいと言われていますが、私の場合はデコルテにぶわっとぶつぶつとしたニキビが増えます。

厄介なことに、生理が終わってもデコルテニキビは引かずに、いつまでもかゆみを伴ったブツブツがくすぶっている状態。

真夏でも、胸元の開いた服が着られず、汗で蒸れてさらにデコルテニキビができる悪循環です。

そんな時に、ネットでデコルテニキビ対策を調べていて見つけたのがシーボディの「薬用VCボディミスト」。

デコルテや背中といった身体ニキビに特化した薬用ボディローションとのことで、かなり期待できそう。

APPSを凌ぐ浸透力を持つと言われている、最新のビタミンC誘導体「VC200」が配合されている点にも期待が高まります。

IMG_3717

薬用VCボディミストはオレンジと白のシンプルなデザインの箱に入っています。

ドクターズコスメや海外コスメのようなムダの無いデザインなので、年齢や性別を問わずに愛用できそう。

また、「背中ニキビ」や「デコルテニキビ」といった分かりやすい文言が無いのも嬉しい。

家族に内緒でこっそりニキビケアしたい時でも、バレずに堂々と使うことができそうです。

IMG_3722

さらに、薬用VCボディミストは合成香料フリー、無着色、パラベンフリー、石油系界面活性剤フリー、鉱物油フリー。

顔に使用する化粧水や乳液は敏感肌用に添加物に配合した商品も数多くあります。

だけど、身体に使用するアイテムは敏感肌に配慮した商品ってまだまだ少ないように感じます。

私自身、ボディ用アイテムはあまり添加物を気にせず、「香りが良い」などの理由で商品を選んでしまうこともしばしば。

薬用VCボディミストは保存料や着色料など安全性にきちんとこだわっている点が徹底していますね。

IMG_3737

薬用VCボディミストは正倒位ポンプを採用したスプレーとのこと。

あまり聞き慣れない正倒位ポンプという名前ですが、逆さにしても使えるポンプのことだそうです。

確かに、スプレー容器に限らず、ボディローションやミルクを背中に塗るのは一苦労。

とりあえず手の届く範囲にだけペタペタと塗る、といった感じです。

薬用VCボディミストなら、逆さに向けて広範囲にスプレーできるので「なんとなく」でもちゃんと塗れそうですね。

IMG_3762

デコルテや背中ニキビを治そうと、顔用のニキビ化粧水を塗ったことがあるのはきっと私だけではないハズ。

だけど、デコルテや背中にニキビ化粧水を塗っても、全くと言ってもよいほど効果がありませんよね。

実は、顔にできるニキビと背中やデコルテにできるニキビは原因となる菌の種類が違うんですって。

顔のニキビの原因がアクネ菌であることは有名な話。

一方、デコルテや背中ニキビの原因となるのはマラセチア菌と呼ばれる真菌(カビ)の一種だそうです。

カビと言われるとギョッとしてしまいますが、デコルテや背中ニキビのしつこさを考えると納得できます。

つまり、従来のニキビケア化粧品の殺菌成分ではマラセチア菌を殺菌することはできないんですね。

薬用VCボディミストにはイソプロピルメチルフェノールと呼ばれる殺菌成分が配合されています。

イソプロピルメチルフェノールは水虫治療薬によく使用されている成分。

水虫のようなしつこい真菌にも対応できる成分なら、デコルテ、背中ニキビにもバッチリ効きそうですね。

IMG_3937

薬用VCボディミストは半透明の硬質プラスチックのボトル容器に入っています。

外箱同様にシンプルなデザインのボトルです。

洗面所に置きっぱなしにしていても、ニキビケア専用のボディミストだとバレる心配はなさそう。

内容量は200mlと大容量なので、旅行やスポーツジムなどに持って行くにはちょっと邪魔になるサイズでしょうか。

ちなみに薬用VCボディミスト1本で約2カ月分とのこと。

コスパが良いので、惜しみなくたっぷり使えるのは嬉しいですね。

IMG_3957

実際に薬用VCボディミストを使用して、何気に感動したのがスプレー容器の手軽さ。

お肌にダイレクトにスプレーできるので、片手でサッと使えて、しかも一度に広範囲に塗ることができます。

さらに、サラリとしたローションなので、いつまでもしつこくベタベタすることがありません。

スプレー後もサッと服を着ることができますし、多少乾きが甘くても衣類がペタペタと貼り付いてストレスを感じることも無いです。

お風呂上がりはもちろん、朝、出かける前にも着替えの際にシュッと手軽にスプレーできるのでとても便利。

ストレスを感じずにこまめに使用できるので、ニキビの治りも早くなりそうです。

IMG_3966

薬用VCボディミストはサラサラとした透明なローションです。

うっかり衣類に付着してもシミが残る心配もありません。

ほのかに漂うオレンジのような柑橘系の香りで、さわやかな気分になります。

使用感はビタミンC誘導体独特のペタペタとした保湿感が残りますが、不快感を感じるようなしつこさではありません。

汗をかく夏場でも、サラッと快適に使用できるのではないかと思います。

逆に冬場は薬用VCボディミストだけでは少し乾燥が気になるかもしれません。

そんな場合には、ボディミルクなどと併用しても良さそうです。

IMG_4431

薬用VCボディミストを使用し始めて2週間目ぐらいまでは、順調にニキビの炎症が治まりつつあったように思います。

新しくニキビが増えることもなく、今あるニキビも徐々に枯れてきたような感じ。

ちょうど薬用VCボディミストを使い始めて2週間目以降が生理前でした。

「せっかく治ってきたのに、またニキビが増えるのかな」

と、少しうんざりしていたんです。

ところが、薬用VCボディミストのおかげか、今月は生理前でもニキビが増える気配はナシ。

さらに、毛穴の詰まりのようなザラザラ感も少しずつ減って、ツルツル肌に近づいてきたみたい。

IMG_3942

今までは遠目に見ても「ニキビがある」と分かる状態でした。

だけど、今では1mぐらい離れてしまえばニキビがあるとは全然分かりません。

デコルテニキビが治ってきて、なんだか自分にも自身が持てるようになったみたい。

思い切って、胸元の開いたファッションにも挑戦してみようかな、なんて思っています。

IMG_4046

実際に使ってみた個人的な評価(5点満点)

IMG_hyvcb

>>> シーボディ 薬用VCボディミストを試してみる(初回50%オフ&送料無料&特典付き)

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2015.2.28

シロノクリニックでフラクセルによるニキビ跡治療を受けました

シロノクリニックの相澤医局長のお話を伺い興味を持ったので、実際にフラクセルを施術しました。 私はフラクセルを受けるのはもちろん、美容皮…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る