サイクルプラス エンリッチローション|APPS化粧水の効果

最近、肌がごわごわしてかさつきが気になって、年齢に合わせたスキンケアの必要性をヒシヒシと感じています。

色々と調べてみたところ、肌のエイジングケアには「ビタミンC誘導体」が効果あるみたい。

ビタミンC誘導体には、水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体があって、どちらのスキンケアが良いかしら。

そんな時に、水溶性と脂溶性2つの特徴を合わせ持つ高浸透型ビタミンC誘導体配合の化粧品、ナリス化粧品の「サイクルプラス」を見つけました。

さっそくサイクルプラスのエンリッチローションを試してみようと思います。

cycleplus15

ナリス化粧品のサイクルプラスのお試しトライアルセットが届きました。

B5サイズの段ボールで、なかなかの厚みがある箱なので、「こんなに商品が届くんだ」と多少ビックリ。

段ボールを開けてみたら、高濃度ビタミンC誘導体「APPS」配合の化粧水エンリッチローションと、小さな箱に入ったサイクルプラスシリーズのトライアルセットが入っていました。

もう一つプレゼントで、エンリッチジェルクリームのパウチパック4袋分も入っていて、本当に盛りだくさんな内容。

cycleplus16

小さな箱に入ったサイクルプラスシリーズのトライアルセットは、全部で4種類。

・オイルクレンジング(メーク落とし)

・クリーミィウォッシュ(洗顔料)

・エンリッチエッセンス(エッセンス乳液)

・エンリッチクリーム(クリーム)

このトライアルセットだけでも2,800円相当の内容なんですって。

そして、化粧水のエンリッチローションと美容液・乳液・クリームが一緒になったエンリッチジェルクリームも入っています。

cycleplus11

まず最初に、エンリッチローションを作ります。

高浸透型ビタミンC誘導体配合のパウダーとエンリッチローションを用意して、同封の説明書で手順を確認します。

高浸透型ビタミンC誘導体配合のパウダーは細かな粒子で、パウダー自体に匂いはありません。

エンリッチローションのボトルは四角くてどっしりした容器なので、パウダーを入れている途中で倒す心配もなく順調。

ボトルの入口も広めなので、パウダーが飛び散ったりこぼれたりせずに、一人でも簡単に全てを入れることができました。

cycleplus12

パウダーを入れた後は、ローションと混ぜるために10~20回ほど上下に振ります。

ローションがすごく泡立つのですが、まだ全部のパウダーが溶けてないみたい。

同封のカタログを見ると、完全に溶けるまで時間がかかるとのこと。

5分ほど放置しておくと、全てのパウダーが綺麗に溶けていました。

ローションを作る前は「ちょっと面倒だな」と思っていたのですが、作り始めてみると手作り化粧品みたいで面白かったです。

cycleplus7

無事にローションを作ったので、説明書の次のページを開いて、サイクルプラスシリーズを使った「毎日コツコツ美肌レシピ」を実践。

サイクルプラスとは高保湿スキンケアであると共に、肌に刺激の少ないスキンケアを実感できる化粧品とのこと。

ノンナイン処方と言って、パラベン・アルコール・着色料・香料などの9つの原料を不使用なので、敏感肌の人でも安心して使える化粧品なんですって。

さっそく、メーク落としのオイルクレンジングと洗顔料のクリーミーウォッシュを使ってみます。

cycleplus3

オイルクレンジングは、皮脂の成分に近いマカデミアナッツオイルと抗酸化作用のあるピクノジェノールを配合で肌に優しいクレンジングなんですって。

オイルクレンジングを手に出してみると、水のように軽い感じのオイルです。

サラサラしたオイルなので、手のひらに出したらすぐに零れ落ちそう。

でも、柔らかいオイルだからこそ、肌に負担なく洗えるのかな。

手の甲の口紅は、指でなでるだけであっという間に落ちました。

cycleplus14

クリーミーウォッシュは、保湿効果のあるヨクイニンエキス配合でしっとりした洗い心地の洗顔料なんですって。

クリーミーウォッシュを1.5cmほど手に出して泡立てると、あっという間にクリーミーな泡ができます。

ふわふわの泡を手のひらに集めて触ってみると、泡がもっちりとしていて弾力があります。

肌の上に泡を広げても、泡が手のひらを押し返す感じが面白い。

泡を水で洗い流すと肌がさっぱりするけど、肌にスベスベ感が残っていて潤っています。

cycleplus8

次に使うのは、高浸透型ビタミンC誘導型APPS配合のエンリッチローション。

APPSとは進化したビタミンC誘導体のことで、水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体の特徴を合わせ持つビタミンC誘導体なんですって。

従来のビタミンC誘導体と比べて、その浸透力は100倍もあるんだとか。

エンリッチローションには、ビタミンE誘導体とEGFとFGFも入っているので、若々しい肌と透明感を実感できる化粧水なんですって。

エンリッチローションのボトルには1週間ごとの目盛りが付いていて、4週間で使い切りとのこと。

cycleplus13

エンリッチローションは、薄いオレンジ色をしたとろみのある化粧水。

私はサラサラな化粧水よりも、手のひらに溜まるぐらいの濃厚な化粧水が好み。

エンリッチローションを肌につけると、とろみのある化粧水が肌の上にするすると広がっていきます。

1ヶ月で使い切らなければならないので、たっぷり出して何度か重ね付け。

エンリッチローションが肌に浸透した後はすべすべな肌に変わって、今までとは全く違う肌触りです。

cycleplus2

エンリッチローションを使った後に使うのは、エッセンス乳液のエンリッチエッセンスとエンリッチクリーム。

サイクルプラスシリーズでは、化粧水・乳液・クリームの順番でを使います。

忙しい朝や軽めの仕上がりが好みの人は、乳液・クリーム・美容液が1つになったエンリッチジェルクリーム1本でも良いのだそう。

エンリッチジェルクリームを使うときは、化粧水の後にこれ1つでスキンケアが完了できるんですって。

cycleplus4

エンリッチエッセンスは、2~3プッシュが目安とのこと。

トライアルセットはチューブタイプなので、1プッシュの量を想像しながら、手のひらに出してみます。

エンリッチエッセンスは白色のみずみずしくて柔らかなクリーム。

柔らかい感触なので、肌馴染みがよくて、より一層肌に潤いを与えてくれる感じ。

肌にべとつきはなくて、手のひらが肌に吸い付くような自然な感じで肌が潤います。

cycleplus5

エンリッチクリームは、パール大を乾燥やシワが気になるところに置いて馴染ませるとのこと。

薄い黄色をした、エンリッチエッセンスより少し濃厚なクリームです。

エンリッチクリームは、人工皮脂膜で肌表面を覆うことによって、長時間保湿してくれるんですって。

実際に肌につけると皮膚全体を覆われる感じで、肌がしっかりと保湿されます。

エンリッチクリームの保湿力に驚きますが、口コミでは「ニキビができた」という人もいるので、量は加減しながら使った方が良さそう。

cycleplus6

最後にもう1種類。

サイクルプラスシリーズの乳液とクリームを使わないで、化粧水の後にこれ1本で完了するエンリッチジェルクリームを試してみます。

エンリッチジェルクリームは、オールインワン美容液という感じのスペシャルなスキンケア。

エンリッチジェルクリームは白色で、乳液よりも少し固めのジェルクリーム。

濃厚だけど伸びが良くて、クリームよりは軽めに仕上がります。

エンリッチジェルクリームはさっぱりしたつけ心地だから、暑い季節などクリームでは重すぎるときに使い分けるのが良いかも。

cycleplus19

APPS配合化粧水エンリッチローションを使って1週間。

一緒に入っていたサイクルプラスシリーズのトライアルセットは使い終わりました。

今は手持ちの乳液とクリームと合わせて、エンリッチローションを使い続けてます。

1週間経って、少し肌がやわらかくなった感じがします。

ごわごわで固かった肌が、女性らしい弾力が出て、なんとなく若返ったかも。

APPS配合化粧水エンリッチローションが一番効果を発揮するのは1ヶ月後とのこと。

残り3週間、たっぷり使える美容液のような化粧水を使って、肌がどのぐらいまで変われるのか。

楽しみながらエンリッチローションのスキンケアを続けたいと思います。

cycleplus18

実際に使ってみた個人的な評価(5点満点)

IMG_hyask

>>> サイクルプラス エンリッチローションを試してみる【初回半額のお試しトライアルセット&送料無料&特典付き】

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2016.10.15

フラクセル2ニキビ跡|シロノクリニックのフラクセルレーザー7回目

フラクセルレーザー治療@シロノクリニック第7回。 2クール目の2回目の施術になります。 前回施術から約1カ月後の施術です。 …

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る