ケミカルピーリングはニキビ跡に効果的だけど副作用が怖い?

ニキビ跡がツルツルになる?ケミカルピーリングってどんなケア?

ニキビやニキビ跡が改善するという「ケミカルピーリング」。
皮膚科や美容外科の広告などでちらほらと目にします。

ケミカルピーリングというのは、サリチル酸やグリコール酸といった酸のチカラで古い角質を強制的に除去するという美容方法です。
通常、人間のお肌は28日前後で新しい皮膚に生まれ変わるのですが、乾燥や加齢、肌トラブルなどでこの周期は乱れてしまいます。
そうすると「ニキビが治らない」「顔がくすむ」「シミやそばかすが目立つ」といったトラブルが起こりやすくなります。
酸のチカラで強制的に古い角質を除去することで、新しい肌へリセットすることができます。

ケミカルピーリングはニキビやニキビ跡の色素沈着、小鼻の角栓、シミ、くすみなどには効果の高い方法です。
ただし、ケミカルピーリングはあくまでも表皮の古い角質を除去して、お肌のターンオーバーを促進するだけのもの。
ケミカルピーリングで真皮まで傷ついた凸凹のにきび跡をツルツルに治すことは不可能なんです。

ニキビ跡の凸凹を改善するには、ケミカルピーリングと併せてビタミンCのイオン導入をすると良いでしょう。
ピーリング後のお肌にビタミンCを導入することで、ビタミンCの浸透力が高まり、真皮のコラーゲン生成が促進されます。

 

ケミカルピーリングを受ける上での注意点は?

IMG_chemicalpeeling02

ケミカルピーリングは厚生労働省から医療行為として医療機関でのみ施術することが認められた医療行為です。
そのため医師の指導のもとに施術してもらっていれば、皮膚に甚大な損傷が残るような副作用はまずありえません。
とはいえ、ピーリング後はお肌が赤くなったり、かゆみを生じることが一般的によくあります。
しかし、これらの症状は時間が経過すれば徐々に消えていきますし、病院から炎症止めの外用薬を処方してもらうことも可能です。

また、ケミカルピーリングを受けた後に最も注意したいのが「日焼け」です。
ピーリング後のお肌は角質が除去されており、皮膚のバリア機能が低下した状態です。
その状態で紫外線を浴びてしまうとシミやそばかす、にきびが出来てしまう可能性があります。
医療機関でのケミカルピーリングに限らず、ピーリング化粧品などを使用した後は必ず日焼け止めを使用し、紫外線予防を徹底するようにしましょう。

ケミカルピーリングは医療機関でのみ施術が認められた行為ですので、万が一、施術中にトラブルが発生した場合、迅速に医師の処置を受けることが可能です。
エステサロンなどでもピーリングは行われていますが、皮膚トラブルを避けるために成分が弱かったり、配合量が少ない可能性があります。
また、万が一、施術中にトラブルが発生しても、エステサロンに医師は待機していないので、すぐに医師の診断を仰ぐことはできません。

効果と安全性の両方を考慮しても、ピーリングはエステなどではなく、皮膚科や美容外科といった医療機関で受けた方が良いのは間違いありません。

 

ケミカルピーリングを受ける前に知っておきたいこと

IMG_chemicalpeeling03

「ニキビやニキビ跡を改善したい」「毛穴の角栓や黒ずみをなんとかしたい」「シミやシワをなくしたい」など、ケミカルピーリングを受ける目的は人それぞれ。
しかし、ケミカルピーリングはお肌のトラブルを全て解消してくれる魔法の方法ではありません。

 凸凹のにきび跡やシワを解消するのはケミカルピーリングだけでは不可能
 定期的な施術が必要
 肌質そのものを変えることはできない

ケミカルピーリングはあくまでも表皮の古い角質を除去するというケア。
真皮まで深く傷ついたニキビ跡やシワはケミカルピーリングだけで解消することはできません。
ケミカルピーリング+αのケアが必要になります。

ケミカルピーリングはお肌のターンオーバーに合わせて、2週間に1度施術を行うのがベストだと言われています。
つまり、ケミカルピーリングの効果が持続するのはだいたい2週間。
ニキビ跡の色素沈着やシミなどの場合は、自分の目標とする状態に合わせた施術回数を行えばよいかと思います。
しかし、ニキビや毛穴の黒ずみ、角栓などの場合は、ケミカルピーリングの止め時がわからずに、いつまでもずるずると続けてしまうことも…。

また、ケミカルピーリングを施術したからといって、肌質そのものが変わるワケではありません。
ケミカルピーリングを行っている間はニキビができなくても、止めてしまうとまたニキビに悩まされるようになった…ということも多いにありえます。
ケミカルピーリングを行う際には「どのようなお肌の状態になりたいか」をしっかりと定めた上で、医師におおよその回数や期間の目安を聞いてみると良いかもしれません。

 

間違ったピーリング化粧品を使えば、更に悪化してしまうだけ

IMG_chemicalpeeling04

ピーリング化粧品というと勘違いしやすいのが、ポロポロと角質を擦り落とすタイプのピーリング化粧品。
この角質を擦り落とすタイプのピーリング化粧品はお肌への摩擦が強く、かえってシミやシワ、にきびが増えてしまう原因にもなってしまいます。

また、ほとんどの商品は化粧品に含まれているポリマーがお肌の上で摩擦されることによってダマになっているだけ。
古い角質が除去されているワケではありません。

お肌にも優しくより高いピーリング効果を求めるのであれば、グリコール酸やサリチル酸といったピーリング成分の配合された化粧品を選ぶようにしましょう。

 

実体験から選んだ自宅でできるピーリングケア化粧品

IMG_comedo07

NOV ACアクティブはAHA(グリコール酸)やBHA(サリチル酸)を配合した本格的なピーリング化粧品です。

クレンジングリキッド(メイク落とし)とウォッシングフォーム(洗顔料)はケミカルピーリング特有のピリピリとした刺激を感じます。

また、モイスチュアミルク(乳液)は美白成分ビタミンC誘導体(APPS)を配合。

ニキビ肌ケアと美肌ケアを同時にすることが可能。。

NOV ACアクティブなら毎日のスキンケアで手軽にピーリングケアができます。

価格 セット内容 お試し期間
1500円+税 メイク落とし、洗顔料、化粧水(しっとり・ノーマル)、乳液 7日間

>>> NOV(ノブ) ACアクティブのトライアルセットを試してみる(送料無料&特典付き)

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2015.2.27

ニキビ跡のレーザー治療についてシロノクリニック相澤医局長にお話を伺いました

シロノクリニックは関東4院(恵比寿・銀座・池袋・横浜)と関西に1院(大阪)を展開するレーザー治療専門の美容皮膚科。 レーザー治療がまだ…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る