エストロゲンサプリの効果|口コミで人気のエストロゲンサプリ実体験

40代以降のニキビはエストロゲン不足が原因?

「ニキビなんて大人になれば治る」

そう思っていたのに、30代になっても40代になってもニキビに悩まされ続けている。
むしろ、10代、20代の頃はニキビとは無縁だったのに、40代を過ぎてからニキビがポツポツとできるようになった……。

10代にできる「思春期ニキビ」の原因は過剰な皮脂分泌による毛穴の詰まりだと言われています。
成長ホルモンの分泌に伴って、皮脂が過剰に分泌されるためニキビができやすいのだそうです。
一方、30代、40代以降になるとお肌のターンオーバー周期が長くなります。
その結果、古い角質が長くお肌に蓄積し、毛穴の詰まりを引き起こすことでニキビができやすくなるのだとか。

ターンオーバー周期に深く関わっているのが、女性ホルモンのエストロゲンだと言われています。
エストロゲンには皮膚の水分量を高め、新陳代謝を促進する働きがあるそうです。
つまり、エストロゲンが不足してしまうとお肌が乾燥しやすくなり、ターンオーバー周期が乱れてしまうことになります。
その結果、ニキビだけでなくシミやしわ、くすみなど、いわゆるお肌の老化が進行してしまうんですね。

エストロゲンの分泌量が最も多いのが30代前半で、30代後半以降、エストロゲンの分泌量は急激に減少します。
40代後半になると、エストロゲンの分泌量は20代のわずか半分になってしまうのだとか。
40代以降にできるニキビには、市販のニキビケア化粧品や洗浄力の高い化粧品はNG。
お肌が乾燥してしまい、肌トラブルの原因にもなりかねません。

40代以降の大人ニキビに大切なのは保湿。
保湿をして、お肌の水分量を高めることで、ターンオーバーを正常化しニキビをケア、予防することにつながります。

 

エストロゲンだけでは逆効果!大切なのはバランス

estrogen02

「エストロゲン不足が大人ニキビの原因ならサプリメントでエストロゲンを補えばいいのね」

大豆イソフラボンやプエラリア、ザクロなど、エストロゲンの働きをサポートする成分は数多くあります。
しかし強すぎるエストロゲン作用は身体にとって負担になってしまう可能性も……。
例えばプエラリアのエストロゲンを活性化させる作用は大豆イソフラボンの1000倍以上とも言われています。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンが存在しています。
生理後から排卵日にかけて徐々に分泌量が増えるのがエストロゲン。
排卵日から生理前にかけて分泌量を増加させるのがプロゲステロンです。

サプリなどでエストロゲンを補う際には、この周期を乱さないように気を付けなくてはいけません。
例えば、プロゲステロンの分泌量が増加する生理前などに、エストロゲンを大量に補うとホルモンバランスが乱れてしまいます。
生理前にエストロゲン過多の状態が続くと、PMS(月経前症候群)の悪化や重い月経困難症(生理痛)の原因にもなるのだとか。

エストロゲンサプリを飲む際には、生理後から排卵日の間だけ摂取する。
プエラリアなどエストロゲン作用の強い成分ではなく、大豆イソフラボンやザクロのように作用の穏やかな成分から試す。
エストロゲン様作用だけでなく、プロゲステロンをサポートする成分も配合されているサプリを選ぶ。
などの配慮が必要です。

大切なのは、特定の女性ホルモンを補うことではなく、ホルモンバランスを整えること。
エストロゲンの強い影響を長く受け続けると婦人科系の病気を誘発するとも言われています。
いきなり強い作用を持ったサプリやお薬に頼るのではなく、まずは生活習慣や食生活から見直すと良いかもしれません。

 

40歳を過ぎたら美肌のために心がけたい習慣

estrogen03

40歳を過ぎるとエストロゲンの分泌量が徐々に減少し、美容面だけでなく精神面にも影響が表れます。

というのも、女性ホルモンと自律神経は脳の視床下部と呼ばれる同じ部分でコントロールされているからです。
なので、エストロゲンの分泌量が乱れるとプロゲステロンの分泌量も乱れる。
女性ホルモンが乱れると自律神経も乱れる、といった悪循環が広がってしまうんですね。

生理前や更年期にイライラしたり気分が塞ぎこんでしまうのは、女性ホルモンの乱れが自律神経に影響を与えているからなんですって。
そのため女性ホルモンを整えるには、まず自律神経を整えると良いとのこと。

自律神経は交感神経と副交感神経の2種類の神経がバランスを保つことで体調を整えています。
交感神経は興奮している状態に優位になる神経で、副交感神経はリラックスした状態の時に優位になります。
現代人の場合、ストレスや人間関係などで常にプレッシャーを感じており、交感神経が活性化した状態なのだとか。

さらに、寝る直前までスマホやパソコンを閲覧していると、ブルーライトによって交感神経が活性化されます。
その結果、自分ではしっかりと眠っているつもりでも、脳はリラックスできずに休めない状態となってしまうのです。

副交感神経を優位に保つには、リラックスすることが大切。
ぬるめのお風呂にゆっくり入ったり、好きな音楽を聞いたりするのも効果的。
また、ウォーキングやジョギングといった反復運動はセロトニンの分泌を促進します。

セロトニンは脳の興奮状態を抑制し、自律神経のバランスをとる働きがある脳神経伝達物質。
緊張した時に深呼吸をすると気持ちが落ち着く、といった経験はありませんか。
これは一定のリズムで深い呼吸を行うことでセロトニンが分泌されて、興奮状態を鎮めてくれているからなんです。

estrogen04

また、コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェインにも交感神経を活性化させる働きがあるとのこと。

カフェインにはエストロゲン値を高める作用もあり、ホルモンバランスの乱れを助長するとも言われています。
生理前などにコーヒーや紅茶をがぶ飲みするのは控えた方が良いかもしれません。

そして、女性ホルモンが乱れる元凶とも言われているのが「身体の冷え」です。
人間の身体は冷えると、生命を維持するために「省エネモード」に切り替わります。
生命維持に必要な臓器以外の活動を縮小してしまうのです。

その際、真っ先に影響を受けるのが生殖活動を担う女性ホルモンということになります。
「冷え性は体質だから仕方が無い」
と軽く考えずに、きちんと向き合うことが大切です。

estrogen05

また、女性ホルモンの分泌を高めるのに効果的と言われているのが「骨盤底筋群」のトレーニング。

骨盤底筋群は骨盤の底にあるハンモック状の筋肉。
子宮や卵巣、膀胱などの臓器を支えている筋肉です。
この骨盤底筋群が衰えると、子宮などの内臓が下垂し働きが悪くなり、女性ホルモンの分泌も滞ってしまうのだとか。
骨盤底筋群を鍛えることで、内臓が正しい位置に戻りその働きも良くなるとのこと。

骨盤底筋群のトレーニングはホルモンバランスが整うだけでなく、尿漏れ予防やヒップアップ、ぽっこりお腹の解消にも効果的だそう。
骨盤底筋群の鍛え方は色々ありますが、どれも簡単にできるものばかりです。
骨盤底筋に意識を集中し、肛門と膣をゆっくりと締める緩めるを繰り返すだけでもOK。
仰向けに寝た状態でも座った状態でも行うことができるので、いつでも手軽にできます。

とは言え、いきなり「あれはダメ」「これをやらなきゃ」と気負ってしまっては、かえってストレスになってしまい逆効果。
まずは、できそうなことから無理せずに実践することが大切です。

市販のサプリなどを活用するのも一つの方法だと思います。

 

40代からのニキビ対策に積極的に補いたい成分

estrogen06

毎日の生活習慣と併せて意識したいのが、エストロゲンをサポートする成分。
エストロゲンと同様の作用を持った成分には、大豆イソフラボンやプエラリア、ブラックコホシュなどがあります。

また、プラセンタにもエストロゲンの分泌量を調整する働きがあるとのこと。
エストロゲン様作用を持った成分と併せて摂取したいのがチェストベリーなどプロゲステロンの分泌を促進する成分。
2つの成分をバランス良く摂取することで、ホルモンバランスを安定させることができます。
プエラリアなどの強力なエストロゲン様作用を持った成分は、プロゲステロン優位の生理前には控えた方が安心です。

高麗人参、ローヤルゼリーなどは自律神経に作用することでホルモンバランスを整えてくれます。
大人ニキビの他、更年期のイライラや倦怠感などの情緒不安定の悩みにも最適。
高麗人参には血行を促進する働きもあり、冷えの悩みにもアプローチしてくれます。

エストロゲン、プロゲステロン両方のホルモンに働きかけてくれる成分が亜鉛、マカ、ビタミンEなど。
ビタミンEは高い抗酸化力を持っており、別名「若返りのビタミン」とも呼ばれています。
活性酸素はニキビの原因の一つとも言われている厄介なもの。
ホルモンバランスを整えて、ニキビケアをするのにビタミンEは一石二鳥の成分と言っても良いかもしれません。

 

実体験から選んだエストロゲンをサポートするサプリ

estrogen11

ドクターリセラ 華美幸年は1日の摂取目安量2粒に大豆イソフラボンを30mg配合したイソフラボンサプリ。
大豆イソフラボン30mgは1日の推奨量の約120%に相当します。
また、大豆イソフラボンは麹で発酵しており、吸収率の高いアグリコン型イソフラボンを使用。
大豆イソフラボンに加えて、コラーゲンをサポートする月桃葉も配合。
年齢によるお肌の衰えが気になり始めたアラフォー女性にピッタリのイソフラボンサプリです。
香料・防腐剤・着色料無添加の植物性カプセルなので安全性も高く、安心して毎日口にすることができます。
限定モニターキャンペーンで、定期コースに申し込めば初回69%OFFの1,980円で購入可能。
お届け後30日以内であれば全額返金保証があるので安心です。

価格 内容量 1日目安
6,480円(税込)1,980円(税込)【返金保証・送料無料】 60粒入り 1日2粒

 

estrogen12

漢方生薬研究所 ズキラックには1日の摂取目安量6粒に30mg、1日の推奨量120%に相当する大豆イソフラボンが配合されています。
さらに、チェストベリー、フィーバーフュー、マグネシウムの他、桂皮や冬虫夏草などの漢方成分も配合。
ホルモンバランスの乱れによる肌トラブルだけでなく、頭痛や便秘、生理痛などの悩みに幅広くアプローチしてくれます。
漢方薬にも使用されている生薬成分が配合されており、より高い作用が期待できます。
毎月1袋お運びコースなら初回価格が約40%OFFの2,980円。
2回目以降も20%引きの3,980円で継続可能。
10日間の返金保証があるので、初めてでも安心して購入することができます。

価格 内容量 1日目安
4,980円(税込)2,980円(税込)【返金保証・送料無料】 90粒入り 1日3粒

 

estrogen13

キッコーマン 基本のサプリには、1日の摂取目安量2粒に大豆イソフラボンが25mg配合されています。
大豆イソフラボンは体内での吸収率の高いアグリコン型イソフラボン。
また、高い抗酸化作用を持ったプロアントシアニジンを配合したぶどうポリフェノールも配合されています。
ホルモンバランスの乱れによる不調はもちろん、年齢と共に気になるお肌の衰えにもアプローチしてくれるサプリ。
サプリ先進国アメリカの安全基準をクリアしたサプリなので、安全性、品質面における信頼性は抜群です。
通常価格は5,460円、定期購入なら初回特別価格2,730円で購入可能。
2回目以降も4,914円で継続することが出来ます。

価格 内容量 1日目安
5,460円(税込)2,730円(税込)【送料無料】 60粒入り 1日2粒

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2015.5.14

NOV ACアクティブについて、常盤薬品工業(株)ノブ事業部に聞きました

NOV(ノブ)は1985年に発売されて以来、敏感肌やにきび肌に悩む人から指示されてきたスキンケアブランド。 NOVの魅力は何と言っ…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る