お尻が汚い…おしりニキビや黒ずみを消すならフェアリームーン

次世代型お尻特化美容ジェル「フェアリームーン」を試してみました。

フェアリームーンはお尻ニキビやニキビ跡、黒ずみ、たるみなどお尻の悩みをまるごと解決してくれる、優秀なお尻ケアジェルです。

ニキビ用化粧水や軟膏を塗ってもちっとも治らない上に、痛いお尻ニキビ…。

ガサガサで黒ずんでなんだか不潔に見えるお尻の黒ずみ…。

いつまでも跡に残るお尻のニキビ跡…。

お尻なんてそうそう人に見せる場所じゃないし…と思っていてもやはり気になるものです。

とは言っても、お尻のケアなんて何をどうすれば良いのやら…。

フェアリームーンはそんな悩みを抱えていた私にとって救世主のような美容ジェルです。

IMG_8612

鮮やかなフルーツや花のイラストがとっても素敵な箱で届きました。

後で気付いたのですが、ここに描かれたフルーツや花は全てフェアリームーンに配合されている成分でした。

IMG_8667

商品は梱包箱に固定されていました。

最近ではこの緩衝材不要の仕切り一体型梱包箱が増えていますね。

緩衝材など余計なゴミが減らせるので、受け取る側としてもとてもありがたいです。

IMG_8727

こちらが朝用のフェアリームーン。

直径7cm程度の薄い容器に入っています。

これなら、ファンデーションなどと同じくらいの大きさなので、ポーチなどに入れて持ち歩いてもそれほど邪魔になりません。

ちなみに、どちらが朝用でどちらが夜用かということはパッケージには書かれていません。

フタの文字が金色の方が朝用、紺色の方が夜用になります。

IMG_8747

朝用のフェアリームーンには主にお肌のバリア機能を高めてくれる成分が豊富に配合されています。

日中の様々な肌ストレスからお肌を守ってくれるんですね。

具体的には酵母エキスをはじめ、20種類の植物エキスが配合されています。

酵母エキスといえば、あの高級化粧品SK-Ⅱにも配合されている美容成分。

思わず「顔に塗ってもいいかな…」という考えが頭をよぎってしまいます。

IMG_8972

フェアリームーンは黄色のトロリとしたかなり柔らかいジェルです。

柑橘系の爽やかな香りに、甘い花の香りが混ざったようなとても素敵な香りがします。

お尻が良い香りというのもなんだか不思議な感じですが、トイレなどへ行くたびにお尻に塗れば、ニキビケアと同時にリラックス効果もあります。

見た目はグロスのようなねっとりとした黄色なので思わずギョッとしてしまいますが、油分は含まれていないのでニキビの出来ているお肌にもサラッと塗ることができます。

IMG_9087

優しい黄色のツルンとしたジェルです。

この黄色い色はサフランの色で、サフランには美白と女性ホルモンの活性化の働きがあり、黒ずみやニキビに良いのだとか。

また、この朝用のフェアリームーンにはノーベル賞を受賞した抗酸化成分として有名なフラーレンも配合されています。

フラーレンにはなんとビタミンCの172倍もの抗酸化作用があるんだそうです。

ニキビやニキビ跡の色素沈着、黒ずみの原因の一つが活性酸素だと言われています。

抗酸化作用の高いフラーレンが活性酸素を除去してくれるので、ニキビやニキビ跡、黒ずみの予防にも効果が期待できそうですよ。

IMG_9107

さすがに私のお尻を見せるワケにはいかないので、手に塗って見たいと思います。

朝用フェアリームーンの1回の使用目安量は百円玉大。

とても伸びが良くて少量でもサラッと伸びます。

ただ、じっくりじわじわとお肌に浸透して、結構長くお肌の表面に留まっているような感じです。

急いでいる朝などは、いつまでも浸透しないので、ちょっと焦るかも…。

朝用フェアリームーンは「ちょっと少ないかな?」くらいの量をこまめに塗り直した方が良いかも。

IMG_9322

しっかりと浸透すると、お肌がしっとりと柔らかくなります。

お尻って常に下着と触れている場所なので、あまりベタベタするものは付けたくないですよね。

フェアリームーンはベタベタして下着がお尻に貼りつくようなことは無く、もっちりとした肌触りになります。

使ってすぐに「お尻が柔らかくなってる」って実感することができましたよ。

IMG_8762

続いて夜用のフェアリームーン。

こちらは入浴後にたっぷり使用する他、週に1回ヒップパックとしても使用することができます。

パッケージの大きさや形は朝用のフェアリームーンと全く同じ。

文字の色が紺色の方が夜用になります。

IMG_8777

ちなみに、朝用のフェアリームーンと夜用のフェアリームーンの配合成分は全く同じでしたよ…。

朝用と夜用とで配合量が微妙に異なるとか、朝用と夜用の配合成分をまとめて記載しているとか?

全く同じなら、朝用と夜用と分ける必要は無いですよね…。

同封の冊子などを見ても、朝用と夜用とでは成分が異なっているっぽい感じだったので、もしかしたら朝用と夜用の成分をまとめて記載しているのかもしれません。

IMG_8987

見た目の色やテクスチャーは朝用フェアリームーンとほとんど全く同じです。

いよいよ、私の中の朝用フェアリームーンと夜用フェアリームーンは同じ商品じゃないのか説が強まってきます。

がしかし、朝用と夜用では香りが全然違います。

夜用のフェアリームーンはラベンダーやローズマリーのようなしっとりと落ち着いた香りがします。

夜に使用すれば、ホッとリラックスできそうな落ち着いた香りです。

IMG_9112

ツルンとなめらかなジェルです。

夜用フェアリームーンの注目成分は皮膚細胞を再生させる働きのあるEGFという成分。

このEGFという成分もノーベル賞を受賞した成分として有名ですよね。

EGFって当初は1グラムなんと8000万円もする超高級成分だったんだとか。

もちろん、今は大量生産が可能になったので、ググッとお安く手の届くお値段になっています。

このEGFは人間が本来持っている肌再生能力を高める働きがあるんだそうです。

つまり、EGFの働きによってお肌が受けたダメージを素早く回復させることができるって事です。

顔用の美容液などでもEGFが配合されてたら、大々的にアピールされる位の主役級の美容成分です。

それが、お尻用の美容ジェルに入っているなんて、決してお尻を見下しているワケではありませんが、本当に贅沢ですよね。

IMG_9132

夜用フェアリームーンは朝用フェアリームーンよりもたっぷり五百円玉大の量を塗ります。

浸透するのに時間がかかるので、同梱の冊子で紹介されているお尻マッサージなどをすれば、お尻のたるみケアにもなって一石二鳥です。

そもそも、お尻というのは顔と比べてターンオーバーが遅い上に、摩擦や圧迫などの刺激で角質が厚くなってしまう角質肥厚になりやすい部位でもあるんです。

古い角質を除去してターンオーバーを正常化させるにはピーリングが一番なのですが、さすがに、お尻にピーリングはちょっと抵抗がありますよね…。

フェアリームーンにはフルーツ酸などの天然のピーリング成分が配合されているので、毎日塗るだけで角質を柔らかくしてくれるんです。

さらにEGFにはターンオーバーを正常化させる働きがあるので、ニキビや黒ずみを原因からしっかりとケアしてくれるんです。

IMG_9447

夜用のフェアリームーンを塗ったお肌がコチラ。

しっかりとお肌が保湿されたのか、キメが整ってプリッとした弾力が感じられます。

お肌にしっとり感が残りますが、下着が貼りつくような不快感はありませんよ。

念入りにマッサージしてしっかりと浸透させるのがポイントだと思います。

翌朝のお尻は赤ちゃんのお尻みたいにツルすべです。

IMG_9382

同梱の冊子にはスキマ時間にできるお尻エクササイズや美尻に良いツボなどが紹介されており、とても役立ちます。

面倒なマッサージやエクササイズなら「もう、いいかな…」と思っちゃうのですが、ツボ押しやその場でできるエクササイズなら「やってみようかな」という気になります。

フェアリームーンを使ってみてまず実感したのは「お尻の肌触りが全然違う」ということ。

翌朝のお尻がツルンとしてとってもなめらか。

さすがに、ニキビや黒ずみは使ってスグに解消というワケにはいかないかな?

ただ、お尻と太ももの境目のザラザラ感が無くなってきました。

お尻って普段あまりケアしない部位なので、つい面倒臭くなってサボってしまうんですよね。

でも、フェアリームーンは使うほどにお尻が変わってくるのが実感できるので、朝晩しっかりと塗らないと落ち着かないくらい。

これはかなり良い物を見つけました。

IMG_8667

実際に使ってみた個人的な評価(5点満点)

IMG_hyfrm

>>お尻専用美容ジェル・フェアリームーンを試してみる【最大43%オフ&送料無料】

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2015.2.27

ニキビ跡のレーザー治療についてシロノクリニック相澤医局長にお話を伺いました

シロノクリニックは関東4院(恵比寿・銀座・池袋・横浜)と関西に1院(大阪)を展開するレーザー治療専門の美容皮膚科。 レーザー治療がまだ…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る