玉粉肌|あきゅらいずのフェイスパウダーは敏感肌にもおすすめ

日焼け止めやBBクリームを塗った後のお肌のベタベタ感が苦手です。

フェイスパウダーを上から叩いているのですが、厚塗り感がハンパ無い上に、スグに崩れるのが悩み。

そこで、試してみたのが、いつも愛用している「あきゅらいず美養品」のフェイスパウダー「玉粉肌(たまごはだ)」。

アットコスメの評価の高さに惹かれて購入です。

IMG_0899

あきゅらいずの玉粉肌が届きました。

今回は、日焼け止めの「涼草」と一緒に購入。

手作業で丁寧に梱包された商品は、何度受け取っても嬉しいものです。

洗顔後、秀くりーむ→涼草があきゅらいずのお手入れの流れ。

涼草はマットな塗り心地なので、しっかり塗ってもテカテカすることもありません。

涼草と玉粉肌で、あわよくばノーメイクで過ごそうという魂胆です。

同じノーメイクでも、日焼け止めとフェイスパウダーがあるだけで、安心感が全然違います。

IMG_0934

私のお気に入りの日焼け止め「涼草」です。

市販の日焼け止めにありがちな、ツッパリ感やテカリもなくとても優しい付け心地。

「日焼け止めはSPF値の低いものをこまめに塗り直した方が紫外線を防ぐ効果は高い」と言われます。

しかし、ファンデーションやBBクリームなどでガッツリとメイクしてしまうと、こまめに塗り直すことなんて不可能。

朝塗って夜まで塗りっぱなし、ということがほとんどです。

その点、涼草は塗り直しやすいという点が気に入っています。

また、クレンジング不要というのもありがたい。

日焼け止めそのもののお肌への負担が減らせるだけじゃなく、クレンジングによる肌負担も減らせて一石二鳥です。

IMG_0949

そして、今回新たに購入した「玉粉肌(たまごはだ)」。

色はナチュラルホワイトとナチュラルベージュの2色があります。

今回、私が選んだのはナチュラルベージュ。

朱色の紙パッケージが和テイストでかわいい。

IMG_0964

玉粉肌の成分はコーンスターチやデンプン、シルクなど。

難しい名前の成分はほとんど無く、なるべく自然な素材を使用ていることが分かります。

お肌への優しさにこだわっている点はさすがですね。

IMG_0989

玉粉肌の容器はちょっと、というかかなり変わっています。

試験管のような細長いプラスチック容器に入っていて、必要な分だけをパフに出して使うというもの。

内容量は2gなので、決して多くは無いかな。

ただ、この1本で約1カ月分とのこと。

品質が劣化する前に使いきれる量なのはありがたいですね。

この独特な形をしたパッケージ、単にデザイン性を重視して作られたというワケでは無いみたいです。

なるべく空気に触れる面を少なくするという工夫で、細長い筒状の容器なんですって。

慣れるまでは分量の調節が難しそうですが、コンパクトなので持ち運びに便利なのが良いですね。

化粧ポーチの中に入れてても邪魔になりませんし、フタを開けるとパフが粉まみれの惨劇の心配もありません。

IMG_1004

玉粉肌はけっこう容器の口ぎりぎりのところまで入っています。

市販のフェイスパウダーのようなサラサラとしたパウダーではなく、ちょっとダマが目立ちます。

色はナチュラルベージュとのことですが、ややピンク色っぽい感じ。

涼草自体には色は付いていませんが、塗るとけっこうお肌がパッと明るくなります。

なので、重ねて塗って、メイク感をしっかり出すのであればナチュラルホワイト。

素肌っぽさを重視するのであれば、ナチュラルベージュといった感じかもしれません。

IMG_1024

ダマっぽかった玉粉肌ですが、ふわっと粉に戻ります。

驚いたのは粒子の細かさ。

サラサラとしていて、お肌のキメにピッタリと密着します。

実は、パウダーって粒子が細かいほど静電気を帯びてダマになりやすいんだそうです。

ダマダマしてるな、と感じたのは、それだけ玉粉肌の粒子が細かい証拠だったんですね。

IMG_1069

さっそく、涼草と併せて、玉粉肌を使ってみます。

秀くりーむで保湿したお肌に、涼草を塗布。

市販の日焼け止めクリームと違い、たっぷり塗ってもテカテカにならないところが気に入っています。

お肌もキシキシせず、保湿乳液のような感覚で使えるのも良いですね。

IMG_1084

涼草だけでも、お肌のくすみがパッと解消して、透明感のある肌色になります。

日焼け止めだけなのに、ある程度きちんと感が出せるところが嬉しい。

しかも、塗り直しが簡単でクレンジング不要なので、スボラーの私にはありがたい存在です。

IMG_1099

パフに玉粉肌を少量出します。

写真は少し多すぎですね。

けっこうダマになっているので、コロコロとたくさん出てきてしまいます。

玉粉肌の量の調節には少し慣れが必要かと思われます。

IMG_1114

化粧パフによくも見込んで、なじませます。

ダマはすぐに崩れてしまうので、あまり気にしなくても大丈夫でした。

IMG_1129

予想以上に粉がしっかりとお肌に乗るので、やはり量は少なめの方が良いかもしれません。

ふわっとした付け心地でとても軽いことにビックリ。

顔に何かを塗っている感がほとんどありません。

何よりも、こんなに細かな粒子のフェイスパウダーは初めてです。

フェイスパウダーって付けてスグは粉っぽさが残って、徐々にお肌になじんでいく感じ。

ところが、玉粉肌はお肌に乗せた瞬間に、ピターっとお肌に密着している感じなんです。

パウダーの粒子とお肌に一体感があるので、お化粧でごまかしている感が無く、自然に素肌がキレイな人に見えるのが嬉しい。

IMG_1144

左が玉粉肌を叩いた手で、右が何も塗っていない手です。

色が白い点に関しては、私の粉の付け過ぎですね……。

粉の量を調整すれば、より自然にお肌の色を補正してくれるのではないかと思います。

ナチュラルベージュということですが、ベージュっぽさはほとんどありません。

どんな肌色の人でも、透明感のあるお肌になるのではないでしょうか。

また、時間が経っても、お肌がベタついたり、脂浮きが気になることがありません。

今まで使用したフェイスパウダーの中で一番良かったと断言しても良いくらい。

日焼け止めだけだと、さすがに素肌っぽくて抵抗があります。

しかし、フェイスパウダーを叩くだけで、自分のお肌に自信が持てるのですから不思議ですよね。

玉粉肌はお肌に優しいので、友達や彼氏との旅行など「すっぴんを見せたくない」なんて時にも使えそうです。

IMG_0984

実際に使ってみた個人的な評価(5点満点)

IMG_hyath

>>> あきゅらいず 玉粉肌を試してみる【選べる2色&送料無料】

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2015.2.28

シロノクリニックでフラクセルによるニキビ跡治療を受けました

シロノクリニックの相澤医局長のお話を伺い興味を持ったので、実際にフラクセルを施術しました。 私はフラクセルを受けるのはもちろん、美容皮…

おすすめ記事

Facebook / Twitter



ページ上部へ戻る